帽子で赤ちゃんの日焼け止め!帽子選びのポイントとおすすめ5選

帽子は、赤ちゃんの日焼け止め対策に最適なアイテム。お出かけ前にバタバタしてしまい、日焼け止めクリームを塗るのを忘れた……という時でも、紫外線カット効果のある帽子をかぶれば、相当量の紫外線を防ぐことができます。今回は、日焼け止めに適した帽子の選び方や効果、おすすめの商品について、ご紹介していきます!

帽子による日焼け止め効果とは

大草原の小さな赤ちゃん

赤ちゃんの皮膚は大人のおよそ半分の薄さしかないといわれています。それは頭皮も一緒で、特に髪の毛が細くて薄い赤ちゃんは、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいかねません。

赤ちゃんとの外出時は、赤ちゃん用の日焼け止めクリームなどに加え、帽子も併用すると、日焼け止め効果がアップします。

また、かぶるだけで日焼け止め対策ができる帽子は、忙しい朝や急なおでかけにも大活躍。

肌との相性や塗り直しが気になる日焼け止めと違い、帽子は安心・簡単に紫外線を防ぐことができる、優秀なアイテムです。

最近は紫外線カット効果のついた赤ちゃん用の帽子が数多く販売されています。中にはSPF50など、大人用の日焼け止め顔負けの効果を持つ強力な帽子も。

次は、赤ちゃんの日焼け止めに使える帽子の選び方をチェックしていきましょう。

帽子選びのポイント

葉っぱを触る赤ちゃん

1年の間で、最も紫外線量が多いのは5月~8月と言われています。

とはいえ、それ以外の期間は常に紫外線量が少ないというわけではありません。紫外線量は春先の3月くらいから徐々に増え始め、10月頃から落ち着いていきます。

冬の乾燥でダメージを受けた肌に紫外線を受けると、肌の健康への影響が大きくなります。そのため、紫外線量が増え始める春から、日焼け止めクリーム等の使用や衣類での紫外線対策を行うことが大切です。

紫外線カット効果がありつつ、日常生活にも取り入れやすい帽子を選んで、効果的に紫外線対策をしましょう。

帽子の素材で選ぶ

まず気にしたいのが、帽子の素材です。紫外線カット効果という視点で見ると、目地が細かく、通気性が低い素材であるほど、紫外線の遮蔽率が高いとされています。

一般的な布の素材で最も紫外線カット効果が高いのはポリエステルです。

とはいえ、通気性が低いと、暑い季節には蒸れてしまいますし、帽子の素材としてはデメリットも。通気孔があるなど、熱を逃がす工夫がされている帽子を選ぶといいでしょう。

麦わら帽子のような通気性のいい素材の帽子は、紫外線カット効果は低い一方、帽子の内側に熱がこもるのを防ぎ、熱中症の予防になります。汗をかいて蒸れてしまうこともないので、赤ちゃんも嫌がらずに帽子をかぶってくれるでしょう。

綿は素材としてのバランスがよく、赤ちゃん用の帽子によく使われます。お肌への刺激が少ない点も、おすすめのポイントです。

最近では、布に紫外線カット加工をされた帽子も多く販売されています。商品のタグやホームページなどを参照して、効果の高いものを選ぶといいでしょう。

洗濯できる帽子を選ぶ

赤ちゃんの頭は、大人が思っているよりずっと汗をかいています。汗が染み込んだ帽子を放置すると雑菌が繁殖してしまいますので、洗えるタイプの帽子を選ぶのもポイントです。

日焼け止めクリームなどが帽子についてしまった場合は、手洗いであらかじめ汚れを落としてから、ネットに入れて洗濯機で洗うといいですよ。

赤ちゃんに合ったサイズの帽子を選ぶ

赤ちゃんの成長はあっという間ですが、大きくなることを見込むあまり、全くサイズの合わない帽子をかぶらせないようにしましょう。脱げやすかったり、風で飛んでいってしまったりと、アクシデントにつながりかねません。

頭のサイズに合ったものを選ぶか、
サイズ調節のできる紐やゴムがついている帽子を選ぶようにするといいですね。サイズ調整できない帽子の場合は、帽子クリップなどを使うと便利です。

つばが広い帽子を選ぶ

つばが広い帽子を選べば、赤ちゃんの顔を日光から遮り、紫外線の直射を防ぐことができます。

さらに、首の後ろも紫外線からガードできるフラップ付きの帽子なら、日焼け止めを塗り忘れやすい首の後ろも、紫外線から守ることができますよ。

赤ちゃんの日焼け止めにおすすめの帽子5選

日焼け止めに役立つ赤ちゃん用の帽子は、ベビー用品店やアウトドアショップ、インターネット通販などで購入することができます。

ここでは、特に紫外線カット機能の強力な帽子をおすすめします。

ベビーザらス限定 耳付きパッチワークハット(ブルー×44cm)

ベビーザらス限定 耳付きパッチワークハット

出典:www.rakuten.ne.jp

●税抜価格:1699円

ダブルガーゼ素材で柔らかく、肌にやさしい帽子。紫外線遮蔽率80%。首後ろの日焼けを防ぐたれ付きです。あごゴム付きなので、風の強い日や外遊びにも活躍しそうですね。お手頃価格も魅力です。

Sunglobe UVカット帽子

サングローブ帽子商品画像

出典:www.rakuten.co.jp

●税抜価格:2592円

オーストラリア皮膚ガン財団認定のUVカット帽子。日焼け止め効果を示すUPF(オーストラリア規格)は50+。紫外線の97.5%をカットする、パワフルなベビーハットです。輸入品ながらお手頃な価格が嬉しいですね。

アーバンリサーチドアーズ UVカット帽子

アーバンリサーチドアーズ UVカット帽子

出典: shop.benesse.ne.jp


http://shop.benesse.ne.jp

●税抜価格:2990円

ベネッセと共同開発の、サイズ調整できる帽子。首を守る日よけたれ、強い力がかかると外れるあごひもなど、安全への工夫がこらされています。紫外線遮蔽率の高い黒のポリエステル素材。お揃いで使える大人用サイズもあります。

パタゴニア ガールズ・トリム・プリム・ハット

パタゴニア帽子商品画像

出典:http://www.patagonia.jp

●税抜価格:3477円

アウトドアブランド・パタゴニアによるUVカット帽子。UPF50+に加え、耐水性と速乾性に優れているので、水遊びやアウトドアにも使えます。蒸れを防ぐ通気孔がついているのも高ポイントです。

BabyGoose(ベビーグース) しろくまさん帽子

ベビーグースしろくまさん帽子

出典: www.babygoose.jp

●税抜価格:4320円

紫外線99%カット、抗菌効果のある素材で作られた帽子。独自開発の「安全あごヒモ」は、強く引っ張られると自然にとれる設計で、活発な赤ちゃんに最適です。ネットに入れて洗濯機で洗えるので、汗汚れや日焼け止めクリームがついても安心です。

帽子を赤ちゃんの日焼け止め対策に活用しよう

帽子に触る赤ちゃん

小さな赤ちゃんには、肌の負担を考えて日焼け止めクリーム等を塗りたくない、と考える人も少なくありません。帽子は、体への負担なく紫外線をカットしてくれる、優れたアイテムです。帽子と日焼け止めクリームを併用すれば、日焼け対策はますます万全。

盲点になりがちな、髪の毛や頭皮の日焼け対策にも効果的です。

お気に入りの帽子を見つけて、おしゃれに楽しく日焼け止めをしてくださいね。