赤ちゃんの日焼け対策が大切な理由とは?赤ちゃんに紫外線は危険

赤ちゃんにとって日焼けは想像以上に危険です。赤ちゃんのお肌は大人よりも敏感なため、紫外線の影響を強く受けて、しわやしみ、皮膚がん、水ぶくれなどになりやすいと言われています。日焼け止めなどでしっかり赤ちゃんの日焼け対策をしてあげることが大切です。

赤ちゃんの日焼けが危険な理由

赤ちゃん 日焼け 危険

紫外線には、人間がビタミンDを生成するのに役立つという効果もあります。

しかし、紫外線の浴び過ぎはシミ、そばかす、皮膚がんなどにも繋がりうるので、注意も必要です。

赤ちゃんは紫外線や日焼けに敏感

赤ちゃんは皮膚が大人の約半分と薄く、肌のバリア機能も未熟なので、紫外線の影響を強く受けやすいです。

大人であれば赤くなる程度の日焼けでも、赤ちゃんなら水ぶくれになる危険性もあります。

赤ちゃんの頃から頻繁に強い紫外線を浴びていると、「大人になってからの皮膚がんの発症率が上がる危険性が高い」とも言われています。

また、長年にわたって日に当たると、皮膚にシミやシワ等の光老化症状が若い内から生じる危険性もあります。

赤ちゃんの内から、日焼け止めなどを使ってしっかりと日焼け対策をすることが大切です。

赤ちゃんを日焼けから守る日焼け対策

赤ちゃん 日焼け対策

紫外線が赤ちゃんの体に当たるのを防ぐ

赤ちゃんの肌を紫外線から守る

首、腕、肩など露出しがちな部分は、衣類でしっかり紫外線から守りましょう。

また、つば広の帽子を赤ちゃんに被せることで、顔を紫外線から守ることもできます。

赤ちゃんの目を紫外線から保護

赤ちゃんの頃に目に紫外線を沢山浴びると、大人になってから目の病気を引き起こす危険性があります。

UVカットサングラスなどを利用して、赤ちゃんの目を紫外線から守りましょう。

日陰を利用して赤ちゃんを日焼けから守る

陽射しが強い時は、なるべく日陰を歩くようにしましょう。

涼しいだけではなく日焼けから赤ちゃんを守る効果もあります。

赤ちゃんとの外出時間を調整する。

日中など陽射しが強い時間帯の外出は避ける

1日の中で、10時〜14時は特に紫外線が多いので、赤ちゃんと一緒の外出は避けたほうが安心。

また、曇でも紫外線の約80%が雲を通過するというデータもあるので、油断大敵です。

赤ちゃんの外出時間を短くする

1日の外出時間を短くすることで、赤ちゃんが当たる紫外線の量を減らすことができます。

赤ちゃんの紫外線・日焼け対策グッズをチェックしてみよう

赤ちゃん 肌

赤ちゃんが将来お肌のトラブルに悩まないようにするためには、小さい頃からの日焼け対策がとても大切です。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較5選にて、赤ちゃんにおすすめの日焼け止めを紹介しています。

赤ちゃんの日焼け対策に、ぜひ参考にしてみてください!