日焼け止めパウダーの効果と使い方!赤ちゃんや子供にも使える?

日焼け止めといえばクリームタイプやミストタイプが一般的ですが、女性にはパウダータイプの日焼け止めも人気です。日焼け止めパウダーは本当に効果があるのでしょうか。赤ちゃんや子供に使えるのかも気になりますよね。日焼け止めパウダーの効果や使い方についてまとめました。

日焼け止めパウダーはメイク感覚で簡単に使える!

日焼け止め パウダー

日焼け止めパウダーの使い方は、とても簡単。

メイクに使うルースパウダーと同じ感覚で、パフやブラシに日焼け止めパウダーを適量とり、パタパタとお肌にはたけばOK。

普段のメイクの仕上げに、ルースパウダーの代わりとして使うこともできますし、ファンデーションを塗りたくない日は、すっぴん肌や「BBクリーム」しか塗っていない肌の上にさらっと塗るだけで、ナチュラルメイクが完成します。

日焼け止めパウダーは、忙しい朝の日焼け対策にぴったり。日中のメイク直しにも使えます。

日焼け止めパウダーの効果は?SPFやPAはどれくらい?

日焼け止め SPF

商品によっても異なりますが、日焼け止めパウダーの効果は、SPF値はSPF30~50くらい、PA値は最高レベルのPA++++までのものが販売されています。

肌質や使い道に合わせて、適切な効果の日焼け止めパウダーを選ぶのがおすすめです。

「本当にパウダーだけで十分な日焼け止め効果があるのか」という点に関しては、パウダーだけを使う場合、クリームやミストと比べて日焼け止め効果は控えめと考えたほうがよさそうです。

通常の日焼け止めを塗った上に日焼け止めパウダーを重ねたり、メイクの最後に日焼け止めパウダーで仕上げすると効果的でしょう。

日焼け止めパウダーは、メインで使うというより、「プラスα」の感覚で使うのが良さそうです。

敏感肌向けの日焼け止めパウダーは、「ミネラル」成分入りが人気

要点 ポイント

日焼け止めパウダーの仕組みは、パウダーによって紫外線を反射し、肌に届くのを防ぐというものです。

そんな日焼け止めパウダーの成分や原料は、商品によって様々。

中でも人気が高いのは、ミネラル成分配合の日焼け止めパウダーです。

「ミネラル」は、直訳すると「無機物」。一般的に、紫外線吸収剤や合成界面活性剤といった化学物質を含まない「ノンケミカル」であることが多く、肌にやさしいのが特徴です。

肌への負担が少ないことから、敏感肌の人にも人気があります。

最近、女性に人気のミネラルファンデーションには、日焼け対策に有効な酸化チタンが含まれていることから、日焼け止めとしての効果も期待できることが話題になっています。

こうしたミネラル成分原料の効果をうまく利用したのが、ミネラル系の日焼け止めパウダーです。

日焼け止めパウダーの人気商品をご紹介

ファンデーションと同様、日焼け止めパウダーにも、使う人の目的に合わせた製品が販売されています。

「ツヤタイプ」や「マットタイプ」のように、仕上がりの印象で選べるもの、「パウダータイプ」や「プレストタイプ」のように、用途によって選べるもの、「敏感肌向け」のように肌質に合わせて選べるものなど、いろいろな商品があります。

ファンデーションを選ぶ時のように、好みのタイプの日焼け止めパウダーを選んでみましょう。

1.ETVOS(エトヴォス)ミネラルUVパウダー

ETVOS ミネラルUVパウダー

出典:etvos.com

●容量:5g
●税込価格:3,024円
●SPF/PA:SPF50/PA++++

口コミやSNSで話題、エトヴォスのミネラルUVパウダー。売り切れる店舗もあるほど大人気の商品です。

紫外線吸収剤や石油系界面活性剤、鉱物油など、7つの無添加で肌への負担が少なくなっています。

5種のセラミドやヒアルロン酸Naの保湿成分、さらに外的要因から肌を守る「オウゴン根エキス」「ユキノシタエキス」を配合。

紫外線だけではなく、ブルーライトや近赤外線からも守ります。ツヤ肌を目指したい人におすすめです。

2.トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

出典:www.tvert.jp

●容量:4g
●税込価格:2,550円
●SPF/PA:SPF50/PA++++
●タイプ:シマー(ツヤ)/セミマット

「ヴェールフラーレン」を新配合し、皮脂の酸化・過剰な分泌を抑制。さらに毛穴の開き・テカリ。ニオイを保護する日焼け止めパウダーです。

毛穴の凸凹もカバー。贅沢な保湿成分を配合し、メイク中のスキンケアもばっちり。

紫外線吸収剤やパラベンなどをカットした6つの無添加。石けんで洗い落とせます。

シマー(ツヤ)タイプとセミマットタイプから選んでください。

3.オルビス サンスクリーン(R)パウダー スカイシトラス

オルビス サンスクリーン(R)パウダー スカイシトラス

出典:www.orbis.co.jp

●容量:-
●税込価格:2,280円
●SPF/PA:SPF50+/PA++++

肌のくすみを飛ばすイエローと、透明感を出すブルーのダブルカラーで、夏映えさせるオルビスの日焼け止めパウダー。2色を混ぜて顔に立体感を出しましょう!

汗・水に強いウォータープルーフ処方なので、日常使いはもちろん、レジャー時にもおすすめです。

ローズマリーエキスを配合し、冷房による乾燥を防ぎます。なお、こちらの日焼け止めパウダーには紫外線吸収剤が含まれています。

メイクのお直しパウダーとしてもどうぞ。こちらは数量限定色です。気になっている人はすぐにチェックして。

4.トランシーノ 薬用UVパウダー[医薬部外品]

トランシーノ 薬用UVパウダー

出典:www.amazon.co.jp

●容量:12g
●参考価格:3,240円
●SPF/PA:SPF50/PA++++

肌荒れ防止に有効「グリチルリチン酸ステアリル」を配合したトランシーノの日焼け止めパウダー。

うるおい・キメにアプローチする「角質層リファイン成分」配合で、肌のトーンを明るくしてくれます。

肌のくすみが気になる人におすすめです。低刺激性、無香料。

日焼け止めパウダーを上手につけるコツ

パウダー ブラシ

ここでは、日焼け止めパウダーを効果的かつきれいにつけるコツについて、具体的にご紹介します。

パフでつける場合

付属のパフを使って日焼け止めパウダーをつける場合は、日焼け止めパウダーをパフにもみこみ、パウダーをパフ全体になじませます。

もみこむことでパフ全体にパウダーが行き渡り、ムラなく自然につけることができます。

日焼け止めパウダーを肌につけるときは、軽くポンポンと叩くか、おさえるようにして顔全体にパウダーをなじませます。

目の周りや小鼻などの細かい部分につける時は、パフをおりたたみ、角の部分を使えば、しっかりと粉がつきますよ。

ブラシでつける場合

ブラシに適量の日焼け止めパウダーをとり、ふたのフチなどで軽く叩いて余分な粉を落としましょう。

ブラシはパフよりもパウダーを含みやすいので、やや少なめの量を心がけると、無駄が出ずおすすめです。

ブラシをくるくると円を描くように動かしながら、顔全体に日焼け止めパウダーをつけます。

最後に何もついていないブラシで余分な粉を落とすと、崩れにくくきれいな仕上がりになります。

日焼け止めパウダーを赤ちゃんや子供の肌に使っても大丈夫?

赤ちゃん 子供

日焼け止めパウダーは、もともと大人の女性向け製品が多く、赤ちゃんや子供専用といったものは見かけません。

とはいえ、最近では、オーガニックやノンケミカルをうたった、敏感肌にも使える低刺激処方の日焼け止めパウダーが増えています。

赤ちゃんや子供に使う場合は、日焼け止めパウダーのパッケージ等に記載されている成分表示やメーカーのホームページを事前に確認し、安全性を確認しておくことをおすすめします。

その際、紫外線吸収剤、シリコン、合成着色料、合成香料などの化学成分をできるだけ排除したものを選ぶことが望ましいでしょう。

また、赤ちゃんの未発達な毛穴に詰まらないように、専用クレンジングが不要な日焼け止めパウダーがおすすめです。

新陳代謝が盛んで汗をかきやすい赤ちゃんや子供は、汗でパウダーが流れ落ちやすいので、日焼け止めクリーム、ミストの方が向いているかもしれません。

どちらのタイプを使う場合でも、まずは成分をよく確認して選び、お出かけ中はこまめに塗り直ししてあげると安心です。

日焼け止めミストはアロベビーがおすすめ!

●商品名:アロベビー UV&アウトドアミスト
●容量:80ml
●税抜価格:2,350円
●SPF/PA:SPF/PA
●対象年齢:新生児~

動き回る赤ちゃんや子供にも「シュッ」とひと吹きで完了するアロベビーのUV&アウトドアミスト。白浮きしにくく軽やかに伸びます。

肌への優しさにこだわり、100%天然由来成分の国産オーガニック。さらにお湯で落とせます。紫外線吸収剤不使用。

赤ちゃんの日常使いにぴったりなSPF15 PA++。日焼け止めスプレー特有の匂いがない、アロマの香りに癒されて。

販売サイトで見るのバナー

※関連記事
赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから?おすすめ人気商品7選を紹介

日焼け止めパウダーを上手に活用して紫外線対策を!

数本のメイクアップブラシ

春夏の汗ばむ日には、メイクも軽めに仕上げたいですよね。紫外線をブロックしつつ、肌への負担も比較的少ない日焼け止めパウダーは、そんな時の強い味方です。

お気に入りの日焼け止めパウダーを見つけて、軽やかに紫外線対策をしましょう。