学校のプールで日焼け止めが禁止になっている理由、子どもへの影響は?

紫外線の悪影響が叫ばれる反面、近年は学校のプールで日焼け止めが禁止されている所も少なくありません。なぜ使用禁止になっているのでしょうか?子どもにどのような影響があるのでしょうか。また、ウォータープルーフの日焼け止めなら大丈夫なのでしょうか?気になる話題をまとめました。

プールで日焼け止めが使用禁止に。理由とは?

学校のプール

学校のプールは、一度水を入れてしまうとしばらく入れ替えることがなく、塩素消毒によって保っています。

そんな学校のプールの授業において、子どもたちの日焼け止めを使用禁止にしているのは、おもに「不潔だから」という理由です。

子どもの体に塗った日焼け止めがプールの水の中に溶けることで、雑菌の繁殖の原因になるといわれています。プールの雑菌の繁殖は中耳炎などの病気の原因とされており、プールに入った子どもたちが水を飲み込む可能性もあります。

こうしたことから、学校のプールでは日焼け止めを禁止した方がよいのでは、という考えが広まっているのです。

いまだに「日焼け肌=健康」という見方も…?

ごく一部ではありますが、教育現場においていまだに「子どもの健康的な日焼け」という意識が残っているようです。

日焼けだけではなく、「ラッシュガード」と呼ばれる日焼け防止の上着なども、プールでは着用の許可がされていない学校がほとんど。

たとえ見学であっても、炎天下で半袖・半ズボンで参加する子どもが多いようです。

一方で、「日焼けをしていないと健康的でない」ということが大々的に発表されているわけではありません。

そのため、まずは学校側が保護者の納得がいくように、なぜ日焼け止めやラッシュガードを禁止にしているのか、きちんと説明をする必要ありそうです。

プールにウォータープルーフの日焼け止めは使用OK?

チューブ状の日焼け止め

日焼け止めの使用が禁止になっている学校のプールでも、ウォータープルーフの日焼け止めであればどうでしょうか?

ウォータープルーフであれば、基本の日焼け止めよりも耐水性があり、落ちにくい特徴があります。

しかし実際のところ、日焼け止めがウォータープルーフであるかどうかは重要ではありません。

ウォータープルーフの日焼け止めは「汗や水で落ちにくい」のが売りになっていますが、それは「まったく落ちない」ということではありません。

そのため、ウォータープルーフの日焼け止めも、プールでの使用は禁止している学校がほとんどといえそうです。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めにウォータープルーフは向いている?

日焼け止めでプールの水質汚染はされない!?

プールの水

日本臨床皮膚科医会と日本小児皮膚科学会は、「耐水性でウォータープルーフタイプの日焼け止めをしてプールに入っても、水質汚濁はされないことが複数の研究で判明している」と表明し、さらに「プールは紫外線の影響を受けやすいため、紫外線対策は重要」としています(※1)。

また、日本学校保健が発行するマニュアル『学校における水泳プールの保健衛生管理』が改訂され、「無条件に全員の日焼け止めの使用を容認すると、プールの水の汚れの要因になる」の記述は残しながらも、「日焼けになりやすい子どもは、日焼け止めの使用を考慮する必要がある」としています(※2)。

千葉県千葉市では、学校生活での紫外線対策を進めており、日焼け止めの使用を推奨しています(※3)。

しかし、プールの水質基準を設定する厚生労働省や文部科学省などから、公式な見解が出ていないため、プールの日焼け止めを禁止している学校が多いのが現状です。

学校のプールで日焼け止め禁止にあなたは賛成?反対?

プールに入っている子ども2人

プールの授業がおこなわれる時期や時間は、1年間でもっとも紫外線量が多く、また10時から14時の紫外線量はさらに強くなる時間帯です。

「不潔」という理由で日焼け止めの禁止措置を取っている学校があり、その理由に理解はできるものの、心配なのが紫外線の影響ですよね。

特に敏感肌の子供は、日焼けによって皮膚が剥けてしまったり、ヤケドのように赤くなってしまったりします。

世界保健機関(WHO)によると、「18歳未満の子どもの日焼けは、後々将来の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高める可能性がある」と発表しています(※4)。

紫外線を浴び続けることで、将来の健康に害を及ぼす可能性があるのです。

学校のプールでの日焼け止めの使用禁止は、文部科学省で定められて通達されているわけではありません。

現在では、皮膚が弱い子どもの保護者からの申告によって、ウォータープルーフの日焼け止めを認める学校も出ているようです。

子どもの健康のためを思うのは、学校側も保護者も同じ。学校側とコミュニケーションを取りながら、何を優先すべきなのか考えることが必要なのかもしれません。

※1参考文献:日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会 「学校生活における紫外線対策に関する具体的指針」

※2参考文献:財団法人日本学校保健会 「学校における水泳プールの保健衛生管理」

※3参考文献:千葉県千葉市 紫外線対策

※4参考文献:環境省「紫外線環境保健マニュアル」