赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?日焼け止め以外の紫外線対策は?

紫外線対策に欠かせない日焼け止め、赤ちゃんにも塗っていますか?「そもそも赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?」と疑問に思うママ・パパもいるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要なのか、日焼け止め以外でできる紫外線対策法をご紹介します。

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから?

ママに抱っこしてもらっている日焼け止めを塗った赤ちゃん

赤ちゃんに日焼け止めは必要!肌を守ろう

赤ちゃんの肌は、大人が思っているよりもずっとデリケート。強い陽射しを直接浴びると、肌にヤケドや水ぶくれができる恐れがあります。

また、日焼け以外に、シミやシワなどをつくり出す原因となり、白内障や皮膚ガンを引き起こす可能性があるそうです(※1)。

赤ちゃんは紫外線の影響を受けやすく、日焼けをすることで、将来の肌の健康にも関わるので、早いうちから日焼け止めを塗り、肌を守りましょう。

「いつから」という決まりはない

赤ちゃんの日焼け止めに「いつから」という明確な決まりはなく、病院の先生によって意見はまちまちです。

しかし、紫外線量の多い日中に外出をする場合は、新生児や低月齢の赤ちゃんも日焼け止めを塗りましょう。

赤ちゃんに使う日焼け止めの選び方は?

日焼け止めを塗ってもらっている赤ちゃんの脚

赤ちゃんの日焼け止めは、「いつから」という時期よりも、何を使うかが重要です。慎重に選びましょう。

赤ちゃんの頃からの日焼け止めが常識になっている昨今、赤ちゃんから使える日焼け止めが増えています。

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めは、無添加や天然由来などの低刺激なベビー用。

日焼け止めのパッケージに「新生児から使える」「ベビー用」など書かれているので、事前にチェックしましょう。

また、赤ちゃんへの日焼け止めの使用前には、パッチテストも忘れずにおこなってください。

赤ちゃんの日焼け止めにはこれ!アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2,538円
●日焼け止め効果:SPF15/PA++

アロベビーのUV&アウトドアミストは、一本で日焼け止めも虫除けも同時にできる便利なミストです。

天然由来成分でつくられているので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

純国産の製品なので、日本人の赤ちゃんの肌質との相性も抜群です。

販売サイトで見る バナー

※関連記事
赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから?おすすめ人気商品7選を紹介

日焼け止め以外の赤ちゃんの紫外線対策は?

雲間のクエスチョンマーク ?

赤ちゃんの肌は本当に敏感、そのため、強い紫外線にさらされると、肌表面の水分バランスが崩れてしまいます。

室内や車の中であっても、赤ちゃんに直接日が当たる場合は、外に出る場合と同じように紫外線のダメージを受けてしまうのです。

以下では、日焼け止め以外ででいる赤ちゃんの紫外線対策法をまとめました。

1.10時~15時の外出を避ける

紫外線量が多い10時~15時の外出は、できるだけ避けましょう。どうしても紫外線が強い時間帯に外出する場合は、日陰を歩くようにしてください。

2.外出時は長袖・帽子で肌をガード

日焼け止めを塗る以外に、赤ちゃんを外出させるときは長袖を着させて帽子を被らせましょう。通気性と速乾性が優れた衣類と帽子がおすすめです。

また、UVケープは冷房対策にもなり一石二鳥ですよ。赤ちゃんを抱っこして外出するときは、日傘を差すのもよいでしょう。

3.ベビーカーに乗せるときは日除けを作る

赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出するときは、サンシェードやネットを装着して紫外線を防ぎましょう。ネットタイプなら、日焼け対策と同時に虫除け対策もできますよ。

4.車内での紫外線対策

赤ちゃんを車で移動させる場合、サンシェードやUVカットを機能のあるカーテンを付けて紫外線対策をおこないましょう。

5.室内でも紫外線対策が大切

赤ちゃんを寝かしつけている布団やベビーベッドが窓の近くなら要注意。波長が長いUVA紫外線は窓ガラスも通り抜けるので、室内時も日焼け対策が必須です。

赤ちゃんに直射日光が当たらないよう、布団やベビーベッドの位置を見直したり、遮光カーテンを活用したりしましょう。

赤ちゃんから日焼け止め対策をはじめよう

ママに高い高いをしてもらっている赤ちゃん

赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは、抵抗を感じるママも少なくないでしょう。しかし、赤ちゃんが紫外線のダメージを受けすぎる方が肌によくありません。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る方法以外にも、さまざまな形で紫外線をブロックすることができます。

赤ちゃんに「いつから」日焼け止めを塗ればよいのか悩みますが、日中や15分以上の外出であれば、日焼け止めをぬるのがよいでしょう。

赤ちゃんの頃から紫外線対策をおこない、将来の健康な肌を守りましょう!

※1 参考文献:環境省 紫外線環境保険マニュアル 2015