赤ちゃんの日焼け止めはノンケミカルを選んで! ノンケミカルの日焼け止めとは

赤ちゃんの日焼け止めノンケミカルの方が良いと聞いたことはありませんか? しかし、ノンケミカルの定義は何なのかはっきりと答えられる人は少なくないかもしれません。今回は赤ちゃんの日焼け止め選びに役立つ、ノンケミカルの日焼け止めについてまとめました。

赤ちゃんにはノンケミカルの日焼け止めがおすすめな理由

赤ちゃん 日焼け止め ノンケミカル おすすめ

デリケートなお肌を持つ赤ちゃんや小さな子どもには紫外線対策が欠かせません。お出かけの時に紫外線カットの洋服を着ることや帽子を被るも効果的ですが、日焼け止めは春から夏の必須アイテムとして習慣することが大切です。
オーガニックやノンシリコンなど、赤ちゃんのお肌を考えたベビー用日焼け止めは数多く発売されていますが、中でもノンケミカルの日焼け止めであることは必須条件。ノンケミカルとは、化学的な合成成分である「紫外線吸収剤」を配合していない日焼け止めのこと。しかし、“ノンケミカル処方”などと謳っている日焼け止めであっても、合成ポリマーや合成界面活性剤などの他の化学成分が配合されていることがあります。お肌が敏感な赤ちゃんや子どもに使う場合は、紫外線吸収剤のほか、合成成分にも気を付けて選ぶようにしましょう。
また、天然由来成分100%などのノンケミカルの日焼け止めでも、赤ちゃんの肌質によっては合わない場合があります。使用の前にはパッチテストを行い、赤ちゃんのお肌に合う日焼け止めなのかを確認してから使い始めるようにしましょう。

ケミカルな日焼け止めは赤ちゃんになぜ使ってはいけない?

赤ちゃんのお肌は、ママやパパが想像するよりもデリケートです。バリア機能もまだまだ未発達なので、外的刺激や物質に触れるとすぐに炎症を起こしやすく、ひどい場合はアトピー性皮膚炎やアレルギーなど、一生付き合っていかねばならない皮膚疾患を発症することもあります。
ケミカルな日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、石油由来の物が多く化学的に合成されているため、人間のお肌への安全性が実験などで確かめられているとしても、赤ちゃんにはとても危険です。また、紫外線吸収剤は、紫外線を一度吸収して熱に変えてから放出する物質なので、赤ちゃんのお肌の表面で酸化することになり負担になります。

日焼け止めに使われるケミカル以外の危険な要素

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時には、ノンケミカルであること以外には他の合成成分にも注意が必要です。例えば、「合成ポリマー」は落としにくい物質であるため、赤ちゃんの皮膚呼吸を妨げ、お肌のバリア機能を低下させます。
「合成界面活性剤」は、皮膚組織を破壊してしまう恐ろしい成分で、お肌のツルツル感を出す化学物質。赤ちゃんの頃から使用すれば、アトピーなどの皮膚疾患を招いてしまう可能性があります。
他には、合成香料や着色料も赤ちゃんのお肌には強い刺激になるので、シミや湿疹、アレルギーを引き起こす可能性があると言われています。

赤ちゃんの将来、健やかなお肌を育むためにもケミカルでない上に、こういった化学成分が含まれていない事も重要なのです。

赤ちゃんの日焼け止めは成分表示のここをチェック!

赤ちゃん 日焼け止め

赤ちゃんの日焼け止めはどのような成分に注意すべきなのか気になるところですよね。
まず、紫外線吸収剤の代表的なものとしては、「サリチル酸オクチル」「ジメチルPABAオクチル」という成分。この2は、赤ちゃん用の日焼け止めであれば大半は使われていないでしょう。

以下では、実際に日焼け止めに使用されていることが多い紫外線吸収剤の成分を詳しくご紹介します。

1.紫外線吸収剤「オキシベンゾン」

レジャーやスポーツ用の日焼け止めに、今も多く紫外線吸収剤として使用されることが多い成分です。オキシベンゾンには、アレルギー反応を起こしたりホルモン異常を起こすなど、人に影響を与えるリスクがあると言われています。紫外線吸収剤の日焼け止めは、使用を避けた方が良いかもしれません。

2.紫外線吸収剤「パラアミノ安息香酸」「プソラレン」

パラアミノ安息香酸やプソラレンは、人間に対して皮膚がんの発症リスクを上げたり、日焼け同様の症状を引き起こすと言われています。これらの成分が皮膚細胞のDNAにダメージを与えるためであると報告されています。また、紫外線吸収剤は一度紫外線を吸収するため、熱を放出する時に熱が皮膚にかかってしまう可能性もあるようです。

上記のように、赤ちゃんの頃から紫外線吸収剤の日焼け止めを長期に渡って使用し続けることで、お肌へのリスクは高くなることがわかります。

いかがでしたか?紫外線吸収剤は、赤ちゃんに及ぼすリスクが高く危険です。日焼け止めを選ぶ時には、成分表示を確認してノンケミカルであるか、合成成分が含まれていないかをチェックしてから購入するようにしましょう。赤ちゃんにも安心な日焼け止めは赤ちゃん用日焼け止めおすすめ比較5選!をご参考ください。