赤ちゃんの日焼け止めのSPFはどれくらいが最適?

赤ちゃんの外出に日焼け止めは必須です。ママたちが赤ちゃんだった頃は赤ちゃんへの日光浴がおすすめされていたものの、その常識が大きく変わりつつあります。紫外線による悪影響が段々とわかってきたことで、1998年に母子手帳からも日光浴の文字が消えました。今では、大人と同じように赤ちゃんにも日焼け止めが当たり前になっています。しかし、紫外線も赤ちゃんに少しは必要なことが。今回は、上手に紫外線とつきあっていくために、赤ちゃんの日焼け止めにおすすめの最適なSPFPAの値についてご紹介します。

赤ちゃんへの日焼け止めの必要性

疑問 質問 ?

赤ちゃんに紫外線は悪い影響がある可能性を知ったら、「日焼け対策をしなければ」と思うのがママ心ですよね。

しかし、日焼け止めは赤ちゃんの肌に直接塗るため、「肌の弱い赤ちゃんに大丈夫だろうか?」また「赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要なのだろうか?」と迷ってしまいますよね。

肌がデリケートな赤ちゃんにとって、「日焼け」をすることはほとんどヤケドに近いのです。

シャワーやお風呂の温度が熱くはないか気にするママは多いですが、実際は太陽の日差しも熱いお湯と同じ。

大人が炎天下の日焼けを避ける以上に、肌が薄くて弱い赤ちゃんには日焼けへの注意がより必要なのです。

赤ちゃんへの日焼け止めは今や常識!

要点 ポイント

子どもの日焼けは10日もすれば小麦色になり、まさに健康優良児に見えます。

そのことから、自分の小さい頃の記憶も手伝ってか、日焼けすることは良いことと考えているママも多いのではないでしょうか。

確かに、適度な日焼けは骨形成を助けたり、皮膚の殺菌作用など良い面も持っています。

しかし、紫外線(日焼け)は1日10分で十分であり、それ以上の日焼けは良い面よりも悪い影響の方があると言われています。

赤ちゃんの頃に大量に紫外線を浴びた子と、5歳の時に大量に紫外線を浴びた子では、同じ量でも皮膚がんの発症年齢に10歳以上の差が出ることがわかっています。

そのため、赤ちゃん期からの日焼け止めがとても重要になってきます。

日焼けは、シミやしわ、皮膚がんの発生率上昇など、悪い影響の方が大きく作用するため、赤ちゃんには正しく日焼け止めを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?

外で遊ぶ赤ちゃんとママ

赤ちゃんの日焼け止めは、赤ちゃんがママと一緒に外出をするようになる頃から塗ってあげるようにしましょう。

まったく日焼けをさせないということが目的ではなく、過度の日焼けを防ぐことが重要です。

日光を浴びることで、体にはビタミンDなどの栄養物質がつくられます。

赤ちゃんの日焼け対策を万全にしながら、外で遊ばせることが大切なのです。

※関連記事
新生児に日焼け止めは必要?いつから使える?新生児の紫外線対策

そもそも日焼け止めのSPAとPAって何?

日焼け止めでSPFと書かれた肌

よく日焼け止めを買うと、「SPA」や「PA」と書かれていますよね。

大人用の日焼け止めを買う時には、とりあえず数値の高い日焼け止めを選んでいる人も多いでしょう。

SPFとは

SPFとは「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略です。UV-B(紫外線B波)を防ぐ指標です。

UV-Bは肌を赤くする紫外線のことで、皮膚がんや白内障の原因になります。

ある日焼け止めを塗った場合、塗らない場合に比較して、何倍の紫外線量を当てると翌日赤くなるかを示しています。

さらにわかりやすくいうと、SPFはUV-Bを防止する「持続時間」を示しています。

勘違いをしてしまいがちですが、「SPFの数字の値が高い=紫外線を防ぐ力が強い」訳ではありません。

持続時間の計算方法としては、日焼けで赤くなる平均時間の「20分」を基準とします。

例えば「SPF50」の日焼け止めの場合

「SPF50×20分=1000分(16.6時間)」

つまり、16.6時間のUV-Bが抑制されるという計算になります。

PAとは

またPAは、「Protection grade of UV-A(プロテクショングレイドオブUVA)」の略です。UV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を示したもの。

UV-Aを防ぐ効果の大きさを4段階(PA+、PA++、PA+++、PA++++)に分けており、+が多くなるほど効果が高くなっています。

UV-Aは、肌を黒くする紫外線で、しみやシワなどができてしまう原因になります。

赤ちゃんの日焼け止めはSPAとPAが高いものを選べば良いの?

浜辺に置いてある日焼け止めとゴーグル

それでは、SPAとPAが高い日焼け止めを選べば効果も高いのでしょうか。

海やレジャー用におすすめされる「SPF50/PA++++」といった日焼け止めがよいのでしょうか?

答えは「NO」です。

SPFやPAの値が高いと、「持続期間が長い」「UV-A防止効果が高い」といったメリットの反面でデメリットもあります。

SPFとPAの値が高ければ高いほど、肌への負担が大きく、紫外線吸収剤や合成ポリマーといった、赤ちゃんのお肌に有害な成分が含まれていることが多いのです。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、その名のとおり紫外線を吸収するものですが、それにより熱エネルギーに変えて外へ放出します。

日焼け止めに配合されていて自然な成分ではあるものの、肌表面に塗ることで主に2つのデメリットがあります。

ひとつは、紫外線吸収剤自体が化学的に合成されて作られた成分であること。赤ちゃんのデリケートな肌に直接塗ること自体が負担になります。

もうひとつは、紫外線を吸収し熱に変えるため、肌表面で酸化が起こってしまうのです。特に、赤ちゃんや敏感肌の人は、気を付けたい成分です。

※関連記事
紫外線吸収剤不使用の赤ちゃんの日焼け止めおすすめ厳選5選

赤ちゃんの日焼け止めに最適なSPFとPA

赤ちゃんの肌

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ時、お散歩や公園遊び、ママのお買いものなど、日常生活における外出の場合ならば、SPF10~20、PA+~++あれば十分です。

シーンに合わせた日焼け止めのSPFとPAの選び方

▲シーンに合わせた日焼け止めのSPFとPAの選び方

たとえば「SPF15」の日焼け止めならば、UV-Bを抑制する時間は300分、5時間になります。

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すことが推奨されているため、わざわざSPFが高いものを選ぶ必要はありません。

赤ちゃん用の日焼け止めであれば、大体がSPF20前後でつくられているものが多いですが、購入時には確認してみると安心です。

赤ちゃん用の日焼け止めはこまめに塗り直すことで、紫外線カット効果の不安は取り除くことができるため、それよりも肌に負担がかかる日焼け止めを塗ることの方が心配です。

また、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際は、SPFやPAの値と共に、配合成分が安心できるかどうかを確認することが大切です。

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときはSPFやPAもチェックしよう

赤ちゃんとママの手

意外とわかっていそうで、知らなかった知識もあったのではないでしょうか。

数十年後、大人になってからも健やかに元気なお肌をキープするために、赤ちゃんに最適なSPFとPAの日焼け止めを選んであげてくださいね。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較7選をご紹介しています。赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみてください。