日焼け止めで赤ちゃんの肌荒れが起きる原因や対策とは?

日焼け止めが原因で、赤ちゃんは肌荒れを起こすことがあるそう。お肌に負担がかからないための紫外線対策が原因で肌荒れを起こしてしまったら、元も子もないですよね。今回は、赤ちゃんの日焼け止めによる肌荒れの原因や、対策についてご紹介します。

日焼け止めで肌荒れする原因とは?

赤ちゃん

日焼け止め成分による肌荒れ

代表的な日焼け止め成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。

紫外線散乱剤」は、紫外線を跳ね返すことで肌への紫外線の影響を少なくするものです。

紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して化学反応を起こし、外へ放出することで肌への紫外線の影響を少なくします。

2種類の日焼け止め成分のうち、肌荒れの原因となりやすいのは「紫外線吸収剤」だと言われています。

「紫外線吸収剤」は日焼け止め効果は高いのですが、そのぶん肌への負担も大きくなります。

また、化学反応を起こして、成分が変化することも問題となります。

お肌への負担が少ない日焼け止め成分「紫外線散乱剤」だけが配合された日焼け止めを選ぶと安心です。

香料などその他の成分による肌荒れ

日焼け止めには、日焼け止め成分の他に防腐剤や香料、界面活性剤など様々な成分が含まれています。

香料の中には、紫外線によって化学反応を起こして、肌荒れの原因となるものがあります。

また、日焼け止めを乳液状にするために、界面活性剤という成分が配合されていることがあります。

界面活性剤には、「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2種類がありますが、注意したいのは合成界面活性剤

合成界面活性剤には、皮膚の組織を溶かす作用があるため、肌荒れの原因になります。

肌荒れしない日焼け止めの選び方

赤ちゃん ママ 手

肌荒れしない日焼け止めを選ぶ方法は、「紫外線散乱剤配合」「ノンケミカル」の表示に注目することです。

無香料で天然界面活性剤の日焼け止めなら、さらに安心です。

日焼け止めを落とすために、赤ちゃんのお肌をゴシゴシ洗うことも肌荒れの原因になります。

ベビーソープや、お湯で落ちるような低刺激の日焼け止めを選ぶと、赤ちゃんの肌への負担が軽くなります。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較5選

肌荒れしない日焼け止めの使い方

日焼け止め UV

日焼け止め効果が高いほど、肌荒れの原因になります。

赤ちゃんの日焼け止めは、日常的に使うものであればSPF10~20程度で調度良いと言われています。

紫外線が強くて日焼けが気になる時などは、こまめに塗りなおして日焼けを防ぐという方法もあります。

また、日焼け止めはシーズンごとに買い替えるのが基本です。

使い始めてから半年以上たった日焼け止めは、品質が劣化してしまったり、肌荒れの原因となることがあります。

特に防腐剤無添加の日焼け止めの場合は、早めに使い切りましょう。

肌荒れしない日焼け止め以外の対策方法

赤ちゃん ママ

日焼け止めを塗る時間が少ない方が、赤ちゃんへの肌の負担も少なくなります。

日焼け止めを塗る以外の対策応報として、まずは紫外線が多い夏の10時~14時の外出を控えることも効果的。

外出するときは、洋服や帽子で肌の露出を減らすという方法もあります。

抱っこひもやベビーカーにも使えるUVカットケープや、簡単に脱がせることができるアームカバーやレッグカバーを活用してみるのもおすすめです。

※関連記事
帽子で赤ちゃんの日焼け止め対策!帽子選びのポイントとは

日焼け止めで肌荒れしないように対策方法を工夫しよう

赤ちゃん 夏 サングラス

紫外線の悪影響を防ぐために、外出する時は日焼け止め対策をしっかりすることが大切です。

赤ちゃんのお肌はデリケートなので、肌荒れを起こさないような日焼け止めを選んであげたいですね。

今回ご紹介したように、日焼け止め塗る以外にも様々な日焼け対策の方法があるので、ぜひ工夫してみてください。