赤ちゃんに日焼け止めは毎日必要?月齢別の紫外線対策方法

日差しが強くなってくると、赤ちゃんの日焼けが気になりますね。一方で、日焼け止めによる肌への影響も心配です。日焼け止めを毎日塗っても大丈夫なのでしょうか?そもそも、毎日赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要はあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんの日焼け止めは毎日塗るべき?

サングラスをかけた赤ちゃん

結論から言うと、毎日赤ちゃんに何らかの紫外線対策を行うことは好ましいでしょう。

赤ちゃんに日焼け止めなどの紫外線対策が必要な理由のひとつは、赤ちゃんの皮膚の構造にあります。赤ちゃんの肌は皮膚の厚さが大人の半分ほどしかなく、外部からの刺激に対するバリア機能が未熟なためです。

また、子供のうちに紫外線を浴びすぎると、将来的に皮膚がんなどのトラブルにつながる危険性もあります。

とはいえ、赤ちゃんを毎日室内に閉じ込めるわけにもいきません。毎日のお散歩や外遊びは、赤ちゃんの発育にプラスの影響があります。

太陽光を浴びると、成長ホルモンが活性化され、免疫力が上がると言われています。

毎日降り注ぐ紫外線の悪影響から赤ちゃんを守り、太陽光の好影響を受けやすくするためには、日焼け止めの活用が効果的です!

赤ちゃんの肌への負担を考えると、できるだけ低刺激で、肌にやさしい成分の日焼け止めを毎日塗ってあげると良いでしょう。

【月齢別】赤ちゃんに毎日使える日焼け止めの選び方

日焼け止めを塗った女性の腕

赤ちゃんは月齢によって毎日の行動範囲が異なるため、日焼け止めもシチュエーションによって使い分けるといいでしょう。

日焼け止めを使った時は、毎日きれいに洗い流してあげることも重要です。

日焼け止めが赤ちゃんの肌に残っていると、肌トラブルの原因となってしまいます。

毎日使う赤ちゃんの日焼け止めは、低刺激で洗い流しやすいものを選ぶのがポイントです。

それでは、赤ちゃんに毎日取り入れやすい紫外線対策方法のポイントを、月齢別に見ていきましょう。

生後1~2ヶ月

生後間もない赤ちゃんは、1日のほとんどを室内で寝て過ごします。

まだまだ体の抵抗力が弱いため、長時間の外出などは極力控えて、静かに休ませてあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、基本的にまだ日焼け止めは必要ありません。

毎日の紫外線対策としては、日差しの強い時間帯の外出を避け、サンシェードや帽子、おくるみなどで遮ってあげるといいでしょう。

生後3~6ヶ月

少しずつ赤ちゃんの動きが活発になり、お散歩や買い物に連れて行くこともできるようになってくる時期です。

毎日少しずつであっても、外出時に紫外線を浴びる機会が増えてくるので、衣類やサンシェード、日焼け止めなどで紫外線対策をしてあげましょう。

初めての日焼け止めは、SPF・PAの数値が低く、刺激の少ない製品を選ぶことが大切です!

赤ちゃん用の日焼け止めなら、SPFやPAが低いものが多いので、毎日安心して使うことができます。

生後7ヶ月~1歳以降

赤ちゃんが日中に公園などで遊ぶことができるようになってくると、毎日の日焼け対策は必須です。

帽子やカーディガンなどで肌の露出をおさえることも効果的です。

小さい頃から、外出前に日焼け止めを塗ることや、帽子をかぶることなどを毎日習慣付けておくと、自分で身支度する年齢になった時、無理なくできるようになります。

毎日使う日焼け止めと、キャンプや海水浴などアウトドア用の日焼け止めなど、TPOに合わせて使い分けましょう。

大人用の日焼け止めは成分が強すぎる場合があります。オーガニックの日焼け止めやキッズ用の日焼け止めなど、肌への刺激が弱いものを選んでくださいね。

※関連記事
新生児に日光浴は必要?日光浴のメリットと注意点

毎日の日焼け止めで赤ちゃんの肌を守ろう

赤ちゃんとママ

まだまだ肌の機能も未熟な赤ちゃんとお出かけする際には、お天気が悪くても毎日日焼け止めを塗ったり、紫外線対策の工夫をしましょう。

我が子が大きくなったとき、自分からすすんで紫外線対策ができるように、小さい頃から習慣化するのがおすすめです。

毎日降り注ぐ紫外線の刺激から大切な赤ちゃんを守ってあげてください。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較7選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!