赤ちゃんの日焼け止めにウォータープルーフは向いている?

赤ちゃんのお肌を守るために日焼け止めは必要です。しかし、紫外線から守るためとはいえ、ウォータープルーフの日焼け止めを使っても大丈夫なんでしょうか?今回は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めが赤ちゃんに与える影響などについて、詳しくご紹介します。

赤ちゃんの日焼け止めにウォータープルーフタイプは使えるの?

日焼け止め

紫外線対策をしようとした時に、水や汗に強いウォータープルーフの日焼け止めというのはとても便利です。お母さんたちは自分でも使ったことのあるアイテムでしょう。

しかし、水や汗で落ちにくいということはお風呂で簡単に落とすことが難しく、肌への負担も大きくなる可能性が高いです。

また、成分を見てみると、天然由来の成分のみで作られている日焼け止めもあれば、少量の酸化剤や刺激となる成分が含まれている場合もあるので、使用する際には注意が必要です。

赤ちゃん用の日焼け止めにはたくさんの種類があります。毎日の紫外線対策としてウォータープルーフの日焼け止めを使うのは、赤ちゃんのお肌に負担を大きくしてしまうかもしれません。

しかし、海やレジャーに行く時などを限定して、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを上手に使うことはおすすめです。

赤ちゃんの日焼け止めでウォータープルーフを使う時の注意点

要点 ポイント

赤ちゃん用かを確認する

まず最初に伝えたいのは、その日焼け止めが本当に赤ちゃん用の日焼け止めかどうか、という点です。大人用の日焼け止めでウォータープルーフとなると、紫外線対策には大きな効果をもたらすかもしれませんが、その分、デリケートな赤ちゃんのお肌への負担が大きくなります。必ず、赤ちゃん用と書かれたものを使うようにしましょう。

天然由来成分が使われているか

赤ちゃんのお肌のことを考えるのなら、成分は天然由来の成分が使われている方がいいです。日焼け止めを塗ったことで、赤ちゃんの肌にトラブルが起きた、というのは避けたいですよね。肌トラブルを避けるためにも、なるべく天然由来成分でできた日焼け止めを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めにウォータープルーフを使った時の正しい落とし方

要点 ポイント

顔は特にやさしく落とす

顔の皮膚は、他の部分に比べてとてもデリケートです。そこでウォータープルーフの日焼け止めもしっかり落としておかなくてはいけません。

  • いつも使っているベビーソープをしっかり泡だてる
  • 泡を顔の5ヶ所(額、頬、顎、鼻)に乗せる
  • くるくるとマッサージしながら泡と日焼け止めをなじませる
  • 濡らしたガーゼで泡を拭きとる

成分を洗い残さないように注意する

お肌に日焼け止めの成分が残っていては、肌トラブル予防の意味がなくなってしまいます。落ちていない目安として、日焼け止めの臭いがする、肌を触るとヌルヌルとする、といったところを確認してください。

もしこれらの状態が見られるようなら、もう一度しっかりと洗って落としてあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めはウォータープルーフを上手に取り入れよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃん用に開発された日焼け止めは、大人の日焼け止めに比べると負担も少なくできています。ウォータープルーフの日焼け止めはちょっと怖いから…と何も塗らずに夏のレジャーに出かけ、紫外線に赤ちゃんを晒すことの方が危険な場合もあります。

上手に使い分けて、正しい紫外線対策をしてあげてください。

当サイトでは、ウォータープルーフ以外にも様々な赤ちゃんの日焼け止めおすすめ比較5選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!