赤ちゃんの日焼け止めに紫外線吸収剤は選んではいけません!

肌の弱い赤ちゃんに日焼け止めは必須です。赤ちゃん向けの日焼け止めの選択には注意が必要です。紫外線対策の日焼け止めの成分には二種類あり、その誤った一方を選んでしまうと赤ちゃんを危険にさらしてしまうことも。
そんなことにならないためにも正しい知識を持って日焼け止めを選びましょう。

紫外線対策の日焼け止めの成分には二種類あります

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の二種類が存在します。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は一度、紫外線を体内に吸収し、熱エネルギーに変換して放出します。体を焼きたい大人向けです。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は皮膚にバリアを張り、紫外線を跳ね返します。肌が白いままでいられます。赤ちゃん向きです。

赤ちゃんの肌はデリケート

赤ちゃんの肌は大人よりもはるかに弱く、紫外線吸収剤を使ってしまうと、アレルギーや肌炎症などの肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いです。
紫外線吸収剤が入っていないタイプを選びましょう。
また加えて、せっかく紫外線対策の成分を考慮したので、さらに他の成分にも目を向けましょう。例えば無着色・無香料・天然由来の成分などの赤ちゃんにとって肌への刺激が少ない製品を選ぶのも大切です。
赤ちゃんの日焼け止めに紫外線吸収剤を誤って選んでしまわないためにも、日焼け止め選びには注意しましょう。