赤ちゃんの日焼け止めは室内や車中でも必要?

赤ちゃんの日焼け対策に力を入れるご両親も増えている中で、意外な抜け穴が室内や車内の日焼け止め対策。近年では、紫外線による影響で将来皮膚ガンになったり風邪をひきやすくなる!という統計も出ています。今回は、室内・車内での赤ちゃんの日焼け止め対策に焦点を当ててみたいと思います!

赤ちゃんの日焼け止め:室内

赤ちゃん 室内

赤ちゃんが過ごす室内の日焼け止め対策はされていますか?赤ちゃんにはポカポカ暖かいほうがいいからと、窓際にベビーベットはないですか?食事の椅子のところには日が当たってませんか?

赤ちゃんは寝ている時間も食事の時間も平均して長いので、できるだけ日の当たらない場所に変えてあげましょう。しかし、長時間の直射日光は室内でなかなか浴びる事はないので、家の中で日焼け止めを塗るまでは必要ないように思います。

赤ちゃんの過ごす室内の日焼け止め対策として、おすすめの方法はUVカーテンです。レースのUVカーテンなどもあり、UVカットをしつつ日の光も取り入れてくれます。上手にUVカット商品を取り入れる事で、赤ちゃんの日焼け止め対策ができますよね。

赤ちゃんの日焼け止め:車内

赤ちゃん 車内

車でちょっとお買い物に行くだけの時など、長時間外に居ないときは日焼け止めを塗らないママも多いのではないでしょうか?しかし、車内にも紫外線は入ってきます。冬でも子供が日光浴をする時間は一日15分程度で十分とされているので、紫外線の多い季節に20分車に乗っているとかなりの紫外線を浴びている事になります。

そこで日焼け止めに活躍するのが車用のUVグッズ。車の窓に貼れるUVガラスシートや日よけのカーテンなど日焼け止めグッズがたくさん出ているので、車にも取り付けて日焼け止め対策をしてあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めに役立つおすすめUVグッズ!

赤ちゃん 夏 屋外

日焼け止め方法1:UVカットスプレー

さまざまな日焼け止めグッズがありますが、最近ではUVカット効果のあるスプレーも話題です。赤ちゃんが着るお洋服や帽子などにスプレーするだけで紫外線対策をしてくれます。赤ちゃんと外出する際に、手軽に紫外線対策ができるのでおすすめです。

日焼け止め方法2:ベビーサングラス

日焼け止めというと肌ばかり注意がいってしまいがちですが、実は紫外線のダメージを一番受けるのは、「」です!帽子をかぶるだけでも約20%の紫外線をカットできるといわれています。
目の日焼けを防ぐために一番効果的なのは、ベビーサングラス!紫外線が強い季節にはベビーサングラスを使いましょう。

赤ちゃんでも付けていられえるように、耳の部分がストラップのように固定できるものなどもあるのでぜひチェックしてみてください。

日焼け止め方法3:ベビーカーにも日よけを

赤ちゃんとの外出に大活躍のベビーカーですが、ベビーカーに乗った赤ちゃんは無防備に日光にさらされています。ベビーカーを選ぶときには、必ず日よけがついたベビーカーを選ぶようにしましょう。ベビーカーの上部をおおうだけではなく、乗車部分もカバーできるタイプがおすすめです。

UVカット加工をした布を採用したベビーカーも販売されているので、購入を考えているママ・パパはぜひ参考にしてみてください。

少しの知識を身につけるだけで、赤ちゃんの日焼け止め対策を簡単にしてあげる事ができますよね。しっかりケアして赤ちゃんを守っていきましょう。

少し工夫するだけでも、赤ちゃんを紫外線から守ってあげることができます。室内や車内も油断せずに、赤ちゃんの日焼け止めを怠らないようにしましょう!当サイトでは、他にもさまざまな赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較5選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

※関連記事
赤ちゃんの日焼け・紫外線対策におすすめの便利グッズ