赤ちゃんの日焼け止めは冬にも必要?冬の日焼け対策

春から秋の一般的に紫外線が強くなる季節は、赤ちゃんに日焼け止めは必須です。しかし見落としがちなのが冬の日焼け対策。実は冬にも日焼け止めが必要な場合があるのです。冬の紫外線、また気を付けたい日焼け対策についてまとめました。

赤ちゃんの日焼け止め対策は冬もするべき?

冬 日焼け止め

冬は曇りがちな天気が続き気温も寒いので、何となく赤ちゃんの日焼け止めもお休みモードになっていませんか? しかし、お肌の乾燥が進む冬は、夏に比べて空気も澄んでいるので、その分紫外線の影響も受けやすいのです。

夏ほどの照りつけるようなジリジリとした紫外線は感じないものの、実は、冬に浴びる紫外線の5分間が、夏の紫外線の1分間に相当するといわれています。夏よりは紫外線の影響は少ないといえますが、紫外線の影響がある以上は日焼け止めが必要です。

また、冬は夏よりもお肌が乾燥しやすく、肌トラブルが生じやすいです。日焼けは乾燥を悪化させてしまうため、日焼け止めと併せて、毎日の保湿ケアもしっかりしてあげてください。赤ちゃんの将来のお肌を守るためにも、冬も日焼け止めを上手に使って紫外線を対策しましょう。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止めおすすめランキング

冬におこなう赤ちゃん日焼け対策のポイント

冬 日焼け止め 赤ちゃん

赤ちゃんの冬の日焼け対策、夏とは少し異なる注意点があります。ポイント別にみてみましょう。

ポイント1.日焼け止めを使用する時期

赤ちゃんでも大人でも、日焼け止めは「夏だけ」のものではなく、適宜1年中使用するのが理想的です。冬の紫外線も決して油断できません。冬の日焼け止めは紫外線の量に合わせて使い分けるとよいでしょう。例えば、夏のレジャーで使用する「SPF30」などの日焼け止めは紫外線カットの効果が高い分、お肌に刺激が強い成分が配合されています。赤ちゃんの肌への負担を軽くするためにも、冬は「SPF10~20」程度の日焼け止めで充分です。

近年は、3月~4月ごろから紫外線量がグッと増えますので、入念に日焼け止めを塗って、日除けや日傘を駆使して紫外線対策をおこないましょう。4月~9月のレジャーの時には、赤ちゃんにもサングラスをするとよいかもしれません。目に受ける紫外線もシミの原因になる可能性があるため体への影響も心配です。紫外線大国のオーストラリアの学校では、サングラスの着用を義務付けているのだとか。大げさだと思わずに、冬でも通年赤ちゃんの日焼け止めをしてあげることで、将来シミやシワのない健康なお肌が育ちますよ。

【時期別】赤ちゃんの日焼け対策

  • 1月~3月:SPF10~20の日焼け止めを用意しましょう。日差しが強い日のお出かけは日傘をさすなどしてください。
  • 4月~9月:SPF10~30の日焼け止めを用意しましょう。汗をかいたらこまめに拭き取り、日焼け止めを塗り直してください。そのほか、ベビーカーの日除けを用意したり、赤ちゃんには通気性のよい長袖長ズボン、帽子を着用させましょう。抱っこのお出かけには日傘を。
  • 10月~12月:SPF10~20の日焼け止めを用意しましょう。日差しが強い日のお出かけは日傘をさすなどしてください。夏の疲れがお肌にも出てくるので、赤ちゃんの保湿対策も併せておこないましょう。

※関連記事
赤ちゃんの紫外線対策に知っておきたい1年の紫外線量 | 赤ちゃんの日焼け止めはいつ必要?
赤ちゃんの目の日焼け対策!紫外線が目に与える影響とは?

ポイント2.冬の日焼け止め塗り方

夏と同じように、適量をママの手に取り薄く伸ばし、ムラのないように赤ちゃんに塗ってあげましょう。冬だからといって、適当に済ませてよい訳ではありません。冬でも赤ちゃんはあせっかきなので、長時間の外出の場合は、様子を見ながら2~3時間おきに日焼け止めを塗り直してあげましょう。

ポイント3.紫外線が強い時間帯の外出は避ける

夏の場合は、1日の中で特に10時~14時が紫外線が強いといわれますが、冬は正午~14時の時間帯が紫外線が強く注意が必要です。赤ちゃんとの冬のお出かけは、なるべくこの時間を避けると、多くの紫外線を回避することができます。また、どうしても1日中お出かけする必要があるときは、移動する時間を早い時間や遅い時間にし、地下鉄などの交通機関を利用するとよいですね。

ポイント4.冬の雨や曇りの日の日焼け止めは?

夏と変わらず、冬のお天気が悪い日にも紫外線は降り注いでいます。曇りの日で50~80%、雨の日で20~30%ほどだそう。お天気が悪くても、赤ちゃんには日焼け止めを塗って、紫外線をカットしてあげると安心です。

ポイント5.日焼け止めと保湿ケアはセットで徹底を

赤ちゃんに必要な冬のスキンケアは日焼け止めだけではありません。冬は乾燥肌になってしまうため、保湿ケアを徹底してあげましょう。保湿ケアをしてあげている赤ちゃんとしていない赤ちゃんのお肌は、どちらも未熟ながらもバリア機能が変わってきます。乾燥肌の赤ちゃんは肌の再生能力が低下し、日焼けのダメージを自分で回復させることができません。冬も日焼け止めと保湿ケアをして、お肌を保護しながら赤ちゃんの健康肌を育みましょう。

赤ちゃんに気を付けたい冬の日焼け止め。見落としていたママ・パパも多いのではないでしょうか。適度な日光浴は赤ちゃんによい効果をもたらしてくれるため、過度に神経質になる必要はありませんが、特に日差しが強い日や長時間の外出がある日は気を遣ってあげたいものですね。