赤ちゃんが日焼けでかゆみが出たときの対処法

赤ちゃんの肌はとても敏感で、大人では考えられないほど簡単に日焼けをしてしまいます。赤ちゃんにしっかり日焼け止めを塗ったつもりでも、夏場の紫外線は油断できません。うっかりしていると、気づいたときには赤ちゃんの肌が日焼けで赤くなって熱っぽい、さらにはかゆみが出て掻きむしっている、なんてことがあるかもしれません。今回は、赤ちゃんが日焼けによるかゆみが出ているときの対処法についてご紹介します。

赤ちゃんが日焼けしたあとのケア

赤ちゃん 日焼け ケア

大事なことなので繰り返しますが、赤ちゃんの肌はとても敏感です。日焼けにはまず冷やすことが大切ですが、冷たすぎる保冷剤などを直接肌に当てるのはよくありません。赤ちゃんが日焼けをしてしまった際の、家庭でできる適切な対処法をご紹介します。

<<赤ちゃんの日焼け後のケア>>

  1. ガーゼを冷たい水などで湿らせて、日焼け止めなどの汚れを落とす。
  2. ベビークリームやベビーワセリンなど保湿力の高い保湿剤を薄く塗る。
  3. その上からガーゼで覆った小さな保冷材を乗せて日焼け後の肌を冷やす。

日焼けをしているお肌は、乾燥していて水分がない状態です。かゆみが出てくる場合もあるため、しっかり保湿をしてあげることが大切です。

ベビークリームなどの保湿剤は、お肌の保湿だけでなくおむつかぶれなどにはもちろん、ママのハンドクリーム代わりにも使える万能アイテムなので、赤ちゃんのために1つ用意しておくとよいですね。

また、日焼け後の赤ちゃんは脱水症状になっている場合があるため、おっぱいやミルクで充分に水分補給をしてあげましょう。

赤ちゃんが日焼けによるかゆみはどう治療してあげるのがよい?

赤ちゃん 日焼け かゆみ

日焼けをした後の赤ちゃんの中には、お肌にかゆみを伴うケースもあります。皮膚が乾燥しているケースや、湿疹ができてしまうケース、中にはその湿疹が水泡のようになっている場合もあります。小さな赤ちゃんの変化に、慌ててしまう新米ママも多いですが、慌てずに的確な対処してあげましょう。

お肌が軽く乾燥している程度であれば、患部を清潔にした後、保湿をしてあげていると徐々に改善されます。また、赤ちゃんはどうしても不快な部分は気になって触ってしまうものです。かゆみで日焼け部分を触り、傷などがつかないように、ミトンなどで予防をしてあげましょう。

中には、紫外線アレルギーを発症している赤ちゃんもいます。「たかが日焼けぐらい」と安易に思わず、下記のような症状が見られたり、赤ちゃんの様子がおかしいと感じたら病院を受診するようにしましょう。

  • 赤ちゃんがぐったりしていて熱がある
  • 広範囲が赤く熱を持っている
  • 水ぶくれのような水泡ができていたり皮膚がめくれている

【まとめ】赤ちゃんの日焼けによるかゆみケア

  1. 患部を清潔にし、クリームやワセリンなどを塗る。
  2. ガーゼなどの柔らかい布で保冷材を包み患部を冷やす。
  3. かゆみなどがある場合、ひっかかないようにミトンで予防を。
  4. 紫外線アレルギーなどの可能性があるため、赤ちゃんに異変を感じたら医療機関を受診する。

赤ちゃんを日焼けから守るために紫外線対策を

赤ちゃん 日焼け 対策

紫外線量は毎年5月くらいから急激に増え始め、曇りの日でも、目には見えない紫外線は赤ちゃんの肌を刺激し続けています。また、実は日焼け対策は外出時だけでなく、屋内にいても油断大敵です。

紫外線は屋内にいても入ってくるので、お部屋のカーテンをUVカット仕様のものに変更したり、ベビーベッドは直射日光が当たらない場所に設置するなど、お部屋の中でできる日焼け対策に気を付けましょう。

外出時には、赤ちゃん用の日焼け止めをお肌に塗って紫外線を直接ガードしてあげてください。それでも赤ちゃんが日焼けしてしまったという場合は、かゆみなどが悪化しないように適切に対処してあげましょう。