アトピーの赤ちゃんにも日焼け止めは大丈夫?アトピーっこも使える日焼け止め

アトピー性皮膚炎を持つ赤ちゃん、春から秋にかけての紫外線が強い時期には、日焼け対策にとても気を遣いますよね。アトピー性皮膚炎は日焼けによっても悪化するため、念入りに紫外線対策をしたいところですが、アトピーをもつ赤ちゃんにも日焼け止めを塗っても大丈夫なのでしょうか? 今回は、アトピーの赤ちゃんに日焼け止めを使う際の注意点や、おすすめ製品をご紹介します。

アトピーの赤ちゃんに日焼け止めを使っても大丈夫?

赤ちゃん アトピー 日焼け止め

お肌がとてもデリケートなアトピー肌をもつ赤ちゃんの場合、ママはお肌に塗るもの・触れるものすべてに慎重になりますよね。紫外線が強い時期は、特に日焼け対策に敏感になりますが、アトピーの赤ちゃんに日焼け止めを塗っても大丈夫なのでしょうか。

その答えは「大丈夫」です。皮膚科や小児科の医師も、日焼け止めが必要な季節が近づいてくると「お出かけの時は、必ず日焼け止めを塗ってね」と声をかけるそうです。

日焼け止めをお肌に塗ること自体の刺激よりも、紫外線がアトピー肌にさらされてしまう方が、強い刺激となり悪化に繋がるのだとか。

アトピーの赤ちゃんにとって日焼け止めの重要性がわかりましたが、どんな日焼け止めでも大丈夫というわけではありません。どのような日焼け止めを選ぶのがよいのか、ポイントをご紹介します。

アトピーの赤ちゃんにも安心な日焼け止め

赤ちゃん 日焼け止め 安全

1.紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルの日焼け止め

紫外線吸収剤は、日焼け止めによく配合されている紫外線をブロックする成分です。紫外線を一度お肌に吸収して、化学反応を起こして熱に変えて放出させる仕組みをもっています。

一度お肌に熱を吸収させるという仕組みから、アトピーの赤ちゃんのお肌には強い刺激を与えてしまいます。

「酸化亜鉛」「酸化チタン」といった紫外線散乱剤が使用されている日焼け止めであれば、アトピーの赤ちゃんにもお肌にやさしいので安心です。

日焼け止めを選ぶ際には、「紫外線吸収剤不使用」「紫外線散乱剤使用」「ノンケミカル」などの記載があるアイテムを選ぶようにしましょう。各メーカーのホームページに説明が載っています。

紫外線吸収剤以外にも、石油系合成成分、合成香料、合成着色料、合成保存料を配合している日焼け止めはアトピーの赤ちゃんには刺激となってしまうため注意してください。

2.ベタつきの少ない日焼け止め

赤ちゃんにとって、日焼け止めのベタつきは意外と大切なポイントです。

お肌には合っていて塗っていてもかぶれず炎症も起こさないのに、日焼け止めがベタベタするので、赤ちゃんが嫌がってしまうことが多々あるようです。全力で嫌がっている赤ちゃんや子供に、日焼け止めを何度も塗り直すのはママに相当な労力を必要とします。

赤ちゃんには、塗り直しの簡単なミストタイプや伸びのよい乳液タイプの日焼け止めがおすすめです。

3.お湯やベビーソープで簡単に落とせる日焼け止め

アトピーの赤ちゃんには、専用のクレンジングが必要な日焼け止めは適していません。

日焼け止めのお肌残りを防ぐためにも、製品パッケージや販売サイトに「お湯で流せる」「いつものベビーソープで簡単に落ちる」などと記載があるものを選ぶようにしましょう。

※参考:赤ちゃんの日焼け止めはお湯で落とせるものがおすすめ!お湯で落とせる赤ちゃん日焼け止め3選

アトピーの赤ちゃんでも使える!日焼け止めおすすめ3選

実際に、アトピーの赤ちゃんにおすすめの日焼け止めを3点厳選してご紹介します。

アロベビー UV&アウトドアミスト

赤ちゃん 日焼け止め アロベビー
出典:www.alo-organic.com

純国産のベビースキンケアブランドの「アロベビー」から2016年春に誕生したミストタイプの日焼け止め。

紫外線散乱剤を細かいミスト状にしているので、オーガニックの日焼け止めにありがちな白浮きがなく、塗り伸ばしやすく質感もサラサラ。100%天然由来成分で、アトピー肌の赤ちゃんにも安心して使えます。お湯で簡単に落とせるので、お肌に負担が少なく安心です。

また、この日焼け止め1本で、日焼け止めと虫除けの2つの役割を果たしてくれるので、重ね塗りをする必要もありません。紫外線と虫、夏の外的要因から赤ちゃんのデリケートなお肌を守ってくれます。

【日焼け止め製品データ】
価格:2350円(税別)
容量:80ml
SPF:SPF15/PA++

パックスベビー UVクリーム

赤ちゃん 日焼け止め パックスベビー
出典:www.taiyo-yushi.co.jp

アトピーを持つ赤ちゃんのママからも支持を集めている「パックスベビー UVクリーム」。

長い歴史を持つ、太陽油脂から販売されている赤ちゃん用日焼け止めです。紫外線吸収剤不使用、ベビーソープで簡単に落とせる処方になっています。アトピーの大敵である乾燥を防ぐために、天然由来のマカデミアナッツ油やカミツレエキスを配合しています。

保湿成分が強いせいか、ベタつきが強めの日焼け止めなので、お肌に伸ばしにくい点が苦手な人もいます。赤ちゃんに合わなければ「ママが代わりに使おう!」という気持ちで試してみるとよいかもしれません。

低刺激処方で合成成分が使用されていない日焼け止めですが、お値段は比較的お手頃です。

【日焼け止め製品データ】
価格:648円(税込)
容量:30g
SPF:SPF17/PA+

アトピタ 保湿UVクリーム

アトピタ 日焼け止め
出典:www.tampei.co.jp

アトピーの赤ちゃんにも使用できるとして発売されている「アトピタ」の日焼け止め。

日焼け止めに配合されている天然成分のヨモギエキスが、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌の保湿に一役買ってくれます。紫外線吸収剤、香料、着色料不使用で100%ノンケミカルなのが、アトピーの赤ちゃんに嬉しいポイントです。

また、ウォーターベースで軽めタッチの日焼け止めなので、きれいに落とせてお肌への負担も少なく安心です。

【日焼け止め製品データ】
価格:850円(税抜)
容量:30g
SPF:SPF29/PA++

どんなにやさしい日焼け止めでもパッチテストを忘れずに

赤ちゃん 日焼け止め パッチテスト

お肌には個人差があり、低刺激で安全な成分しか使っていない日焼け止めでも、アトピーの赤ちゃんにはそれぞれ合う・合わないがあります。日焼け止めの使用前にはパッチテストをすることが大切です。

また、アトピー性皮膚炎を持つ赤ちゃんのママ同士、情報交換することが多いかもしれません。

ママ友に、おすすめの日焼け止めを聞いたり、ちょっとだけ試し塗りをさせてもらったり、自分の赤ちゃんに合うやさしい日焼け止めを選んで、日差しからも日焼け止めの刺激からも赤ちゃんを守ってあげましょう。

いかがでしたか? アトピーの赤ちゃんには特に重要な日焼け止め対策。お肌にやさしい日焼け止めを選んで、紫外線からの保護とアトピー症状の緩和に役立ててくださいね。