赤ちゃんのシミは日焼けが原因? 乳幼児期からの日焼け止めでシミ予防

大人になるにつれて、若い頃の紫外線の蓄積の影響なのか、シミが増えていく人も多いですよね。では赤ちゃんのシミはどうなのでしょうか? 赤ちゃんも日焼けが原因でシミが増えてしまうのでしょうか。今回は、赤ちゃんの日焼けとシミ予防についてまとめました。

赤ちゃんにできるシミは日焼けが原因!?

赤ちゃん シミ 日焼け

シミは特に女性に大敵ですよね。シミは一度現れると、サプリメントやシミを薄くする医薬品を使ってもなかなか元どおりにはキレイになってくれません。
ところで、赤ちゃんのお肌にもシミができているのを発見したことはありませんか? 赤ちゃんの日焼け止め対策は充分しているはずなのに突然大きなシミができている、といったケースも少なくないようです。

そもそもシミは、皮膚の表面の層とその下の層との間にある“色素を持つ層”があり、この層に色素の細胞が集まることでできてしまうものです。色素の細胞は、外部刺激が多ければ多いほど増加することがわかっているため、たくさんの紫外線を浴びることでシミができてしまう仕組みになっています。
大人にできてしまうシミはこれが原因になっています。

一方で、赤ちゃんや子どもの場合は皮膚細胞のサイクルが早いので、シミになる前に新たな皮膚に入れ替わると言われています。そのため、日焼けによってすぐにシミになってしまうということは少ないようです。

赤ちゃんや子どもの頃に浴びた紫外線が将来のシミに

赤ちゃん 日焼け対策

一昔前は、「子どもが日焼けをするのは健康的で身体に良い」と言われていました。しかし、現在では紫外線の有害性が徐々に明らかになっていることもあり、赤ちゃんや子どもの頃から過度な日焼けをすると、将来の皮膚がんのリスクが高まると言われています。
昔、ビタミンD生成のために推奨されていた日光浴は、近年、外気浴に変更されています。
確かに、日本の夏も年々猛暑日が続き暑さが厳しくなっている実感は皆さんもあることでしょう。今や朝や夕方のニュースでも「今日の紫外線情報」などのコーナーもあるくらいです。

紫外線が原因でできるシミやシワのことを、「光老化現象」と呼ばれます。シミやシワは年齢と共にお肌の老化からできて当たり前のように思われていましたが、最近の研究では、加齢よりも紫外線の影響が大きいことが判明しています。
この光老化現象は、赤ちゃんや子どもの頃に浴びた紫外線が蓄積され、その蓄積された量が多ければ多いほど光老化の症状は早く起こり始めるのだとか。

世界保健機関(WHO)でも、「18歳までに一生のうちの半分の紫外線を浴びる」というデータがあり、赤ちゃんの頃から日焼け止め対策をしっかりして紫外線を防ぐことは、大人になってからのシミやシワを防ぐのにもとても重要なのです。

将来のシミ予防のためにも赤ちゃんの日焼け止めはしっかりと!

赤ちゃんや子どもは紫外線に対する影響を受けやすく、お肌がデリケートだからこそ充分な日焼け止め対策が必要不可欠です。赤ちゃんや子どもは、自ら日焼け止めを塗ることはしないので、ママが充分に日焼け止め対策を気をつけてあげなければいけません。生まれて間もない新生児の赤ちゃんであれば、なおさら紫外線の影響も受けやすいので、外出時の日焼け止めは必須です。

赤ちゃんの頃から日焼け止めをしっかり行っておけば、皮膚がんなどの重大な皮膚疾患や白内障の予防にも繋がると共に、特に女の子であれば、年頃にシミができてしまうのを防ぐことができます。幼少期を迎えて、ある程度免疫やお肌の機能も整ってきていても、やはり、18歳までの間に外で遊ぶ機会が多いために紫外線の影響は大きく受けてしまうでしょう。大人になってから、シミやシワが出てこないようにするだけでなく、一生を健やかに美しいお肌で過ごすためにも、赤ちゃんの時期からの日焼け止め対策は大切なのです。

赤ちゃんの日焼け止めはどう選ぶ?

赤ちゃんへの日焼け対策の重要性がわかったところで、どのような日焼け止めを選べば良いのか、知っておきましょう。

紫外線吸収剤は不使用のノンケミカルな日焼け止め

大人用の日焼け止めの多くには、紫外線をブロックする「紫外線吸収剤」が含まれています。この紫外線吸収剤は、一度お肌に吸収してから化学変化を起こして熱を発散させて日焼けを予防します。そのため、赤ちゃんや子どものお肌には刺激が強過ぎる特徴があります。
赤ちゃんには、「紫外線散乱剤」を使ったノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。紫外線散乱剤の日焼け止めは、白浮きしやすく汗で落ちやすいという欠点もありますが、その分お肌への優しさは抜群。こまめに塗り直せば、SPFやPAが低くても充分日焼け止め効果を発揮してくれます。
また、今はオーガニック原料にこだわっているものや、天然由来成分100%という日焼け止めもたくさんあります。少しでも石油系の合成成分を使用しているものは避けて、お肌への優しさにこだわった日焼け止めを選ぶようにしましょう。

※参考:赤ちゃんの日焼け止めおすすめ比較5選 | 赤ちゃんの日焼け、紫外線対策

赤ちゃん 日焼け止め アロベビー

画像:アロベビーUV&アウトドアミスト

いかがでしたか? もしかすると日焼け止めを塗ったお肌の感じを嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの将来のシミのない健やかなお肌のためにもきちんと対策してあげましょう。