赤ちゃんに日焼け止めの専用クレンジングは必要?

赤ちゃんの日焼け止めは、春から夏、日差しがまだまだ厳しい秋口まで必須。赤ちゃんに日焼け止めを使うことで気になるのがお肌への負担。お出かけから帰宅後は、できるだけ早く日焼け止めを落としてあげたいですよね。赤ちゃんの日焼け止めを落とすために、専用のクレンジングは必要なのでしょうか?

赤ちゃんの日焼け止めにクレンジングは必要?

大人の日焼け止めの場合、SPFが高かったりウォータープルーフだったりするため、専用クレンジングが多く発売されています。
実は、赤ちゃんの日焼け止めにもクレンジングが発売されています。例えば、ピジョンから発売されている「ベビークレンジングナップ」。このような赤ちゃん専用の日焼け止めクレンジングは、手早く日焼け止めを落としたい時に使用するものです。赤ちゃんのお肌のことを考えて潤い成分や刺激が極力少ないように作られています。
一方で、赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで、クレンジングシートの摩擦は肌荒れの要因になりかねません。

赤ちゃん 日焼け止め クレンジング

赤ちゃんにはクレンジング不要の日焼け止めがおすすめ

赤ちゃん用の日焼け止めの多くはお肌への刺激を考慮し、ノンケミカルでできるだけオーガニック、落としやすいように作られています。「専用クレンジング不要」や「普段使っているベビーソープで簡単に落とせる」といった説明がされています。
そもそも、専用のクレンジングでないときちんと落とせないような日焼け止めは赤ちゃんに好ましくありません。赤ちゃんのお肌を守るための日焼け止めであるにも関わらず、クレンジングで余計な負担はかけたくないものです。

具体的に、赤ちゃんにはどんな日焼け止め良いのでしょうか?

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

ベビーソープやお湯で簡単に落ちる日焼け止め

赤ちゃんの日焼け止めは、低刺激だったり天然由来成分できているものが多いです。このようなノンケミカルのオーガニックな日焼け止めであれば、専用クレンジングも不要。ベビーソープやお湯で簡単に落ちることがパッケージやホームページに記載されているかチェックしましょう。
また、赤ちゃんのデリケートなお肌に使うには、専用クレンジング不要以外にも、配合成分にも注意する必要があります。紫外線吸収剤、強い防腐剤として有名な「パラベン」、石油系の界面活性剤、アルコール、合成香料、合成着色料がフリーであることを確認しましょう。これらの成分が含まれていると、日焼け止めを落としにくいだけでなく、赤ちゃんのお肌への刺激が強く、炎症や乳児湿疹の原因にもなりかねません。SPFやPAの数値は、SPF10~20、PA+~++程度の低めで充分。
赤ちゃんのお肌を健やかに育んでいくためにも、ぜひチェックしてほしいポイントです

※参考:赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング | 赤ちゃんの日焼け、紫外線対策

赤ちゃんの日焼け止めの優しい落とし方

赤ちゃん 日焼け止め クレンジング

いまいち不安を感じるママのために、赤ちゃんの日焼け止めの落とし方をご紹介します。
ベビーソープやお湯で落とせるタイプの日焼け止めを選べば、赤ちゃんをお風呂に入れる時にしっかりと泡立てて撫でるように洗ってあげるだけできれいに落ちてくれます。
しかし、特に顔に塗った日焼け止めの落とし方は迷ってしまいますよね。以下の手順で参考にしてみてください。

  1. しっかり泡立てたベビーソープを、顔のおでこ、両頬、あご、鼻の頭など数か所に乗せる。
  2. 目の周りには注意しながら、クルクルと日焼け止めと泡を馴染ませていく。
  3. 絞ったガーゼで優しく拭きとり、ガーゼを何度もすすぎ、キレイになるまで3~5回程を目安に顔を拭いていく。

顔や目の周りの皮膚は特に薄くてデリケートなので、ゴシゴシせずに優しく拭きとりましょう。

いかがでしたか? 赤ちゃんのお肌には、できるだけ負担をかけずに日焼け対策をしたいもの。日焼け止めを購入する前に、ベビーソープやお湯で落とせることをきちんと確認し、クレンジング要らずの低刺激なものを選ぶようにしましょう。また、ママが赤ちゃんと兼用で日焼け止めを使用している場合、お化粧の下地にしているようであればクレンジングやメイク落としは別途必要になります。ぜひ参考にしてください。