赤ちゃんの肌に日焼け止めの影響はない?赤ちゃんでも使える日焼け止めの条件とは

近年は紫外線の肌への悪影響が問題となり、赤ちゃんの日焼け止めの重要性が叫ばれています。一方で、紫外線が与える赤ちゃんへの有毒性は理解しやすいものの、日焼け止め自体は赤ちゃんに悪影響はないのでしょうか。今回は、日焼け止めの赤ちゃんのお肌への影響や赤ちゃんでも使える日焼け止めの条件についてまとめました。

赤ちゃんのお肌に使ってはいけない日焼け止めとは?

赤ちゃん 日焼け止め 影響

日焼け止めにもいろいろと種類があり、赤ちゃんには天然由来で作られたオーガニックの日焼け止めが良いとされています。最近は、これまで日焼け止めでは難しいとされていた、化学的な合成成分は一切使わない天然由来成分100%のものまで発売されています。
それでは、これら赤ちゃん用に発売されている日焼け止め以外は、なぜ赤ちゃんのお肌に良くないのか、改めて知っておきましょう。

大人用の日焼け止めが赤ちゃんにNGな理由

大人用の日焼け止めは、SPFの数値が高かったり、伸びを良くしたり白浮きしないよう合成成分が配合されていることが多いです。そのため、赤ちゃんのお肌にはかなり強い刺激を与えてしまいます。
赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで、赤ちゃんを抱っこするママが大人用の日焼け止めを塗って赤ちゃんを抱っこしただけでも、触れた赤ちゃんにかぶれや湿疹が発生してしまうことがあるくらいです。もちろん個人差はあるものの、刺激が強いのでママの使用もできれば避けるのがおすすめです。
また、刺激の強い合成成分を赤ちゃんの頃に積み重ねて塗ってしまうことで、後々アレルギーを発症したり、将来のお肌の健康をむしばむことにもなりかねません。
お肌への安心を考えると、大人用の日焼け止めは赤ちゃんに使用することはおすすめできません。

化学成分配合の日焼け止めを赤ちゃんが使ってしまうと…

赤ちゃんのお肌は、ママやパパが想像するよりもはるかにデリケートです。生まれてくるまでは、ママのお腹の中で守られていたので、外の世界で急激に初めて触れる物質や成分、刺激の強いものに触れてしまうと反応しやすく、すぐに炎症を起こしてしまいかねません。
赤ちゃんのベビー用品や、ベビーケア用品でも石油などから合成された化学成分を使用されていることは少なくありません。大人でさえお肌の弱かったり敏感肌だったりすると、化学成分の日焼け止めで肌荒れを起こすことがあります。まだまだお肌が未発達でバリア機能も充分に機能していない赤ちゃんにはなおさらです。

赤ちゃんのお肌に悪影響を及ぼす日焼け止めの化学成分は以下のような成分が挙げられます。

紫外線吸収剤:
紫外線吸収剤の日焼け止めは塗るだけでも、赤ちゃんのお肌に負担がかかります。また成分の特性上、赤ちゃんのお肌に一度紫外線を吸収して熱に変えことになるため、お肌に負担が掛かります。
合成ポリマー:
この成分が含まれた日焼け止めは落としにくいため、赤ちゃんの皮膚呼吸を妨げるだけでなく、お肌のバリア機能を低下させます。
合成界面活性剤:
皮膚組織を破壊しながらツルツル感を出す化学物質なので、アトピーなどの皮膚疾患を招くことも。
合成香料・着色料:
赤ちゃんのお肌に強い負担をかけ、シミや湿疹、アレルギーの原因になる可能性もあります。

赤ちゃんに安心な日焼け止めの条件

赤ちゃん 日焼け止め アロベビー

画像:アロベビー UVクリーム

赤ちゃんにも安心して使える日焼け止めを選ぶには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

①化学成分を使用していない日焼け止め

赤ちゃん用の日焼け止めと謳っていても、実は化学成分が配合されていることもまれにあり得ます。紫外線吸収剤や着色料、香料など、赤ちゃんのお肌に害のある化学成分が含まれていないか、購入する前に確認しましょう。また、天然由来成分100%などの日焼け止めであれば、化学成分が含まれている心配もないので選ぶ時のポイントにするのも良いでしょう。

②パラベン不使用の日焼け止め

パラベンは発がん性もあると言われている防腐剤です。各日焼け止めブランドでも「パラベンフリー」や「パラベン不使用」と記載していることが多いため、確認してみましょう。

③ノンアルコール処方の日焼け止め

アルコール成分の日焼け止めは赤ちゃんのお肌に刺激を与えます。「アルコールフリー」と記載されているような日焼け止めを選びましょう。

④ベビーソープやお湯で簡単に落とせる日焼け止め

大人用の日焼け止めは、専用のクレンジングが必要なことが多いです。赤ちゃん用の日焼け止めは、普段使っているベビーソープやぬるま湯で落とせるものも多いため、この点を考慮するのも安心な日焼け止め選びのポイントになります。

⑤舐めても大丈夫な日焼け止め

赤ちゃんは何でも口に入れます。日焼け止めを塗った手や足も、いろいろなところを舐めたりママの手も口に入れたりしますよね。この時、合成成分が入っていると、赤ちゃんの小さな体に影響があることは想像つきやすいですよね。天然由来で赤ちゃんが舐めても大丈夫な日焼け止めを選びましょう。

⑥SPFとPAは低めの日焼け止め

普段の外出であれば、赤ちゃんの日焼け止めは、SPF10~20、PA+~++程度で充分です。あまり数値の高い日焼け止めを選ぶと、お肌への負担や落とす時の負担にもなりかねません。もしも海などの紫外線の強い場所に行くことがあれば、レジャー用の日焼け止めを使用しても良いでしょう。普段使いであれば、SPFとPAは低めのものを選ぶようにしましょう。

参考:赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング | 赤ちゃんの日焼け、紫外線対策

いかがでしたか? 赤ちゃんのお肌に直接使う日焼け止め選びは、気をつけるべき点がいくつかありましたね。しかし、それも赤ちゃんの将来の健やかなお肌や重大な疾患を防ぐために大切なこと。ぜひ、参考にしてみてください。