赤ちゃんにも日焼け対策は必要?日焼け止めで赤ちゃんの日焼け対策

赤ちゃんも外で紫外線を浴びればもちろん日焼けしてしまいます。そのため赤ちゃんにも日焼け対策が必要なことは何となく想像はできるものの、日焼け止めは必要なのでしょうか? どうやら赤ちゃんの日焼けは、大きくなってからの皮膚疾患にも影響を与える可能性があるようです。そこで今回は、赤ちゃんの日焼け対策の必要性についてまとめました。

赤ちゃんに日焼け対策が必要な理由

赤ちゃん 日焼け対策

ママたち自身が赤ちゃんだった頃、「子供は日焼けしているほど元気で健康」というイメージがあり、日焼け止めも使わずに元気いっぱい外で遊ぶのが当たり前でした。しかし、近年のオゾン層破壊などによって、降り注ぐ紫外線の量が格段に増え、赤ちゃんに及ぼす紫外線の影響が深刻であることが徐々にわかってきました。この有害な紫外線の問題からも、赤ちゃんの日焼け対策はいまとても重要視されています。

世界保健機構(WHO)も、「18歳未満までの日焼けが後々の皮膚がんや目のダメージ発祥のリスクを高める」と警告しており、日焼け対策の重要性を訴えています。赤ちゃんの頃に浴びた紫外線ダメージは、気付かぬうちにお肌に蓄積され、10年以上経ってからのシミやシワ、免疫力の低下などを引き起こしかねません。

特に皮膚が薄くてデリケートな赤ちゃんのお肌には日焼け止めをこまめに塗り、紫外線から徹底的に守ってあげることが大切です。大人になってからの日焼け対策への大切さよりも、細胞分裂が盛んな赤ちゃんの頃の日焼け対策が、後々の健やかなお肌のターニングポイントになるのです。赤ちゃんの日焼け対策はママの判断による部分が大きいため、正しい知識で大切な赤ちゃんを紫外線から守り、日焼け対策を行ってあげましょう。

紫外線 気象庁

「日最大UVインデックスが8以上の年積算日数の経年変化」(気象庁ホームページより)

赤ちゃんの日焼け対策は日焼け止めでしっかりと

赤ちゃん 日焼け対策 日焼け止め

赤ちゃんの日焼け対策の重要性はお分かりいただけましたか? 赤ちゃんの日焼け対策は、やっぱり日焼け止めを活用するのが一番効果的です。ママの中には、「赤ちゃんの肌にはケミカルな日焼け止めは塗りたくない・・」という人も多いですが、実は日焼け止めはノンケミカルのオーガニックなものも多く発売されています。

赤ちゃんの日焼け止めは、肌には刺激の強い「紫外線吸収剤」を使用しておらず、「紫外線散乱剤」を使ったものを選びましょう。お風呂でもじっとしていられない赤ちゃんには、日焼け止め用クレンジングが必要ないお湯やベビーソープで簡単に落とせるものがおすすめ。また、赤ちゃんにはSPF15~20、PA+程度の日焼け止めを選べば充分ですが、長時間の外出やレジャーに出かける場合は、帽子やベビーカー用のサンシェードなど、日焼け止め以外の日焼け対策グッズも完備しておくと安心です。

赤ちゃんの日焼け止め情報は赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング | 赤ちゃんの日焼け、紫外線対策でもチェックできます!

赤ちゃんの日焼け止めの上手な塗り方ポイント

  1. 赤ちゃんの外出時は、顔、耳、手足、首周りなどにも、露出している部分に日焼け止めを塗ります。手の甲や指は忘れがちなので、しっかり日焼け止めを塗りましょう。
  2. 日焼け止めはたっぷりと塗る必要はありませんが、日焼け止めの量が少なすぎると紫外線をカットする効果が半減します。日焼け止めは均一に薄くのばして塗ってあげましょう。
  3. 赤ちゃんは汗っかきなので、汗をかいてしまったら丁寧に拭き取り、落ちた日焼け止めを塗り直してあげます。日焼け対策は、こまめな日焼け止めの塗り直しが大切なポイントです。目安として、2~3時間おきに塗り直してあげると良いでしょう。
  4. お出かけから帰ったら、お風呂や沐浴で優しく日焼け止めを洗い流してあげます。お風呂上がりは保湿ケアも忘れずに行いましょう。

日焼け止め以外の赤ちゃんの日焼け対策

赤ちゃん 日焼け対策

1.服装で日焼け対策

日焼け対策には、長袖・長ズボンが最適であるものの、汗っかきの赤ちゃんにとって夏場はとてもじゃないけど無理があります。そのため、帽子をしっかりとかぶせて、腕や足の出てしまう部分は、しっかりと日焼け止めでケアをしてあげましょう。ツバの広い帽子であれば、半分程度の紫外線を防ぐことができます。帽子を嫌がる赤ちゃんもいますが、慣れてしまうと大人しくかぶってくれるので、一度大きなツバのものを試してみるのがおすすめです。

2.外出時には日除けで日焼け対策

日陰はかなりの量の紫外線をカットすることができるため、日焼け対策にはとても効果的です。赤ちゃんにいつでも日陰をつくってあげられるように、外出時は日傘を持参すると共に、ベビーカーには日除けを付けましょう。車でチャイルドシートに乗せる時は直射日光が当たらないよう、ベビー用サンシェードやカーテンで、赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。

3.できるだけ10時~14時の外出は避ける

特に、夏の晴れた日の10時~14時は紫外線が強い時間帯です。お散歩や外遊びをさせる際は、午前中の早い時間か夕方がベストです。またいずれの時間帯も陽が出ている間は、日焼け止めを忘れないようにしましょう。

いかがでしたか? 赤ちゃんの頃からの日焼け対策がとても重要なことがお分かりいただけましたか?もしも赤ちゃんが日焼けしてしまった時は、日焼けした部分をしっかり冷やし、熱を冷ましてあげてください。また、水ぶくれなどの症状が出た時は、直ちに皮膚科を受診し治療をしてもらいましょう。赤ちゃんがそんな辛い目に遭わないためにも、日焼け止めを使ってしっかり日焼け対策してあげてくださいね。