赤ちゃんの肌に日焼け止めを使うのは良くない?赤ちゃんの日焼け止めの使い方

赤ちゃんとのお出かけが出来るようになると、気になってくるのが日焼けですよね。一見みずみずしく見える赤ちゃんのお肌は、実はとても薄くデリケート。その上、乾燥しやすい性質を持っているので、日焼けなんてもってのほかです。日焼けは心配だけれど、赤ちゃんに日焼け止めは塗っても問題ないのでしょうか? 今回は、赤ちゃんの日焼け止めの使い方についてご紹介します。

赤ちゃんに日焼け止めは塗っても良い?

赤ちゃん 日焼け止め
「日焼け止め」と聞くとケミカルでお肌への負担が大きいイメージがありますよね。皮膚が薄くてお肌の弱い赤ちゃんに日焼け止めを塗るのはまだ早いのではないかと思うママも多いでしょう。
もちろん、大人用の日焼け止めは持続力や効果を高めるために化学成分が含まれており、赤ちゃんに使うのはあまりよくありません。しかし、赤ちゃん用の日焼け止めであれば低刺激でお肌への負担が軽く、使用前にパッチテストを行って赤ちゃんに合うものを選んでいれば問題ありません。それよりも赤ちゃんの肌にとって、日焼けすることの危険性の方が大きいのです。

日焼け止めよりも危険な紫外線の赤ちゃんへの影響

紫外線 赤ちゃん 悪影響
日焼けを引き起こす紫外線。紫外線には、UVA、UVB、UVCの3つの種類があります。3種類の中で、最も赤ちゃんや大人にも悪影響を及ぼすのがUVB(紫外線B波)です。このUVBは人にとってとても危険な紫外線と言われており、皮膚の更に奥の真皮層にまで影響を与えます。肌の奥の細胞がUVBで傷つけられると、皮膚のバリア機能も破壊されてしまい、ウィルスなどの菌が体に入ってきやすくなるのです。症状が進むと免疫力が低下したり、皮膚がんや白内障の原因にまでなると言われます。
この危険なUVBは、オゾン層の破壊が原因で年々降り注ぐ量が増加していると言われています。生まれたての赤ちゃんの場合、皮膚のバリア機能や皮膚自体の機能そのものもまだまだ未発達なので、大人よりもより注意しなくてはなりません。日焼け止めで充分なケアを行っていない場合、赤ちゃんから子供の頃に浴びた紫外線量が、大きくなってからの皮膚がんや白内障のリスクを高めることにも繋がります。このように、赤ちゃんにも日焼け止めを使った日焼け対策はとっても重要なことだと言えるのです。

赤ちゃんの日焼け止めの使い方

赤ちゃん 日焼け止め 使い方
赤ちゃんの日焼け対策には、日焼け止めクリームを使うのが基本です。季節によって紫外線量の増減はあるものの、晴れていても曇っていても夜以外は紫外線は一年中降り注いでいるため、外出時は基本的に日焼け止めを塗ることをおすすめします。特に、紫外線量が増える春から夏の季節は注意しましょう。
赤ちゃんに使用する日焼け止めクリームは、赤ちゃん用として発売されている中でも、「紫外線吸収剤」を含まず、オーガニックで天然由来成分を使用したものが安心です。また、専用のクレンジングを使わずともベビーソープやお湯で簡単に洗い流せることも大切なポイント。赤ちゃんの日焼け止め選びは、赤ちゃん用日焼け止めおすすめ比較5選!を参考にしてみてください。
なお、初めて日焼け止めを塗る時には必ずパッチテストを行い、赤ちゃんのお肌に日焼け止めが合うのか確認しましょう。使用する、前の晩に首や、腕の内側など目立たない所に薄く日焼け止めを塗り、翌朝のお肌の状態を確認してください。湿疹が出ていなかったり、赤くなっていなければ問題ありません。また、もしも赤ちゃんの顔に湿疹ができてしまっている時に日焼け止めが必要な場合、日焼け止めクリームの使用は控えて、帽子や長袖の洋服を着せるなどして紫外線対策を行いましょう。

赤ちゃんのお肌を守る日焼け止めの塗り方

日焼け止めの効果を最大限活かすためにも、赤ちゃんに日焼け止めを塗る時は適量をしっかり塗っていきましょう。赤ちゃんの日焼け止めは、ノンケミカルのものが多いため、汗や皮脂に弱いのが特徴です。2~3時間おきにこまめに塗り直してあげるのがおすすめです。

  1. 顔に塗る時
  2. 赤ちゃんの顔に日焼け止めを塗る時は、10円玉ほどの量を手に取り、おでこ、左右のほっぺ、鼻、あごの5か所に日焼け止めをのせます。そのまま優しく外側に向かって伸ばしていけばOKです。目の中に入らないよう、目の周りは充分に注意してください。

  3. 体に塗る時
  4. 赤ちゃんの体に日焼け止めを塗る時は、間隔をあけながら少しずつ日焼け止めをのせていきましょう。乗せた後は、両手で優しく日焼けを伸ばしていき、まんべんなく塗ってあげましょう。


いかがでしたか?赤ちゃんの日焼け対策は、赤ちゃんの将来のお肌を左右するため気を遣ってあげたいものですね。赤ちゃんのお肌に優しい日焼け止めを選び、大きくなってからもシミや病気知らずの健やかなお肌を育ててあげましょう。