赤ちゃんの紫外線対策に知っておきたい1年の紫外線量 | 赤ちゃんの日焼け止めはいつ必要?

昨今、赤ちゃんや子どもの紫外線対策の重要性に注目が集まっており、日焼け止めは必需品と言われています。それは、近年有害な紫外線が増えていることが背景にあるためです。デリケートなお肌を持つ赤ちゃんは紫外線の影響を大きく受けてしまうことがわかっています。今回は、赤ちゃんの紫外線対策に知っておきたい、紫外線量の1年の推移などをまとめました。

赤ちゃんの紫外線対策知っておきたい紫外線量

赤ちゃん 紫外線対策 紫外線量

1.年間で見る紫外線量

夏になると肌に当たる日差しをジリジリと感じるため、紫外線が強いことは簡単に想像がつくでしょう。しかし、夏以外の春の季節も、実は紫外線はとっても多いのです。

紫外線 UVインデックス 気象庁

気象庁HPより:日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ

紫外線の量はどのように測るのか、イメージがつきにくいものの、紫外線の強さと時間の長さで測ります。住んでいる地域や、また高地などで太陽に近付けばそれだけ強くなりますし、場所や天気によっても変わります。赤ちゃんの紫外線対策をする時には、住んでいる地域や天気、外出先の状況に合わせて、日焼け止めを塗り直す頻度を変えるとより効果的です。
春は冬の乾燥でお肌がダメージを受けているところに、急激に紫外線が増えることで、充分な日焼け対策をしてあげないと赤ちゃんのお肌は大変なことになってしまいます。春先(3月~5月)から気を緩めず、赤ちゃんの紫外線対策は日焼け止めをきちんと塗り、帽子を被せるなどして対策しましょう。

2.一日の中の紫外線量

赤ちゃんと外出する時には、日差しの強い時間帯を避けることも紫外線対策に繋がります。日中の紫外線はもちろん強いですが、UVA※は朝の7時から急激に増え始めます。UVAはガラス越しでもお肌に影響を与えるので、赤ちゃんが室内でいる場所(ベビーベッドや遊び場)などは、直射日光が当たらない所に設置するようにしましょう。時間帯は、10時から14時の間は特に紫外線が強いので、止むを得ない場合以外はこの時間帯の外出は避けましょう。そうは言ってもいろいろと予定や都合がある場合は、赤ちゃん日焼け止めをしっかり塗って、紫外線対策を万全にしてくださいね。

※UVA:紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCに分かれており、実際に地表に届くのはUVAとUVB。UVAは肌に蓄積的なダメージを与え、ハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因に。

3.天気で異なる紫外線量

快晴の日が紫外線が多いのは確かなのですが、意外にも曇りや雨の日の紫外線はあなどれません。快晴時の紫外線量を100%とすると、晴れている場合で約98~90%、薄曇りで約80%、曇りが60%で雨の日で約30%です。曇りや雨でも紫外線が降り注ぐことを考えると、どのような天気でも夜以外は紫外線対策として、赤ちゃんにきちんと日焼け止めを塗っておく方が安心ですね。

4.場所でも変わる紫外線量

夏は海に遊びに行ったりすると反射熱で普段よりももっと日焼けしますよね。実はこのような場所は海だけではありません。降り注いでくる紫外線量プラス地上からの照り返しで増える紫外線の割合は、下記のような目安になります。

  • 新雪:約80%
  • 砂浜:15~20%
  • 水面:10~20%
  • アスファルト:約10%
  • 芝・土:10%以下

日陰の紫外線量は約50%まで下がりますが、場所によって変わる紫外線量から赤ちゃんを守るために、場所ごと、季節ごと、時間ごとの紫外線量は頭に入れておくと便利です。いつでも日焼け止めで紫外線対策できるように、お出かけの時にはママのポケットに忍ばせておきましょう。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な時期って?

赤ちゃん 日焼け対策 日焼け止め

上記でご紹介したように、皮膚の薄い赤ちゃんのお肌を紫外線から守るためには、季節に関係なく年間を通しての紫外線対策が必要と言えます。紫外線は冬も夏も関係なく空から降り注いでいます。また赤ちゃんのお肌は、とってもデリケートなのでちょっとの紫外線でも大きな影響を受けやすく、紫外線対策をせずにお出かけするのはとても危険。特に、春~秋にかけての時期は、入念な日焼け止めケアが大切です。お出かけの時には必ず日焼け止めを持ち歩き、2~3時間おきに塗り直しましょう。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃんの日焼け止めは冬にも必要?冬の日焼け対策

いかがでしたか? 赤ちゃんの日焼け止めがいかに重要なのかについて理解できましたか?赤ちゃんの頃からの紫外線対策を入念に行っておき、大きくなってからも健やかなお肌でいられるように、ママが気を付けてあげましょう。