赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っても大丈夫?

赤ちゃんのお出かけに欠かせない日焼け止め。皮膚が薄くてとてもデリケートな赤ちゃんのお肌に紫外線は気になるものの、一方で「赤ちゃんのお肌に日焼け止めを塗っても大丈夫なのだろうか?」「日焼け止めを使うのはいつから?」と心配になりますよね。今回は、いつから赤ちゃんに日焼け止めはを使って良いのかを、詳しくご紹介します。

赤ちゃんのお出かけはいつから大丈夫?

赤ちゃん お出かけ いつから

日々成長していく赤ちゃんは、生後1カ月頃から健診などで外出する機会が増えてきます。この時期は、まだまだママも赤ちゃんも体調は絶好調ではないため、最低限の外出に留めておいた方が安心です。しかし、家にこもりがちになるのは、赤ちゃんの脳などあらゆる発達や、ママの精神的にもよくありません。直射日光は避けて、ベランダで外気浴をしながら徐々に赤ちゃんを外の空気に慣れさせてあげるのが良いでしょう。
赤ちゃんの本格的な外出がいつからと言うと、赤ちゃんがだんだんと首が座り始める生後3~5ヶ月くらいが目安です。この月齢になれば、徐々にお出かけを始めても大丈夫な時期と言えます。しかし、急に長時間のお出かけに挑戦すると、赤ちゃんは未知の環境で疲れてしまい体調を崩しかねないため、外出する時間は少しずつ延ばすようにしましょう。
それまでも、健診などで外出する機会がある場合は、夏であれば赤ちゃんに日焼け止めを使ってしっかり紫外線対策を行い、冬であれば寒さ対策をしっかりしましょう。
なお、お水や塗り足す用の日焼け止めをきちんと持つなど、持ち物にも充分注意しまししょう。赤ちゃんの首が座った以降のお出かけにおいても、無理せずに赤ちゃんのことを意識して行動することが大切です。

赤ちゃんのお肌に紫外線は危険。日焼け止めはいつから?

赤ちゃん 日焼け止め いつから

薄くてバリア機能が未発達な1歳未満の赤ちゃんの肌に、紫外線を直接当てる怖さをご存知でしょうか。日焼け止めを使わずに、長時間(15~20分程度を目安)、紫外線を直接浴びていると、赤ちゃんのお肌はすぐに紫外線の悪い影響を受けてしまいます。ヤケドのような状態になったり、肌の弱い赤ちゃんは水膨れができてしまうことも…。また、赤ちゃんの頃から紫外線を長時間浴びていると、将来の皮膚病の原因になってしまう可能性もあります。
赤ちゃんの日焼け止めはいつから、というのは、赤ちゃんが紫外線に直接さらされないよう、生後すぐのお出かけから必要です。その際には、デリケートな新生児の赤ちゃんの肌にも使えるような刺激の少ない成分の日焼け止めを選ぶことが大切。ママの中には、「日焼けそのものよりも、赤ちゃんに日焼け止めを使う方が心配」と感じている人が多いようですが、日焼けしてしまう悪影響の方が赤ちゃんにはもっと怖ろしいのです。
ちょっとした近所のお散歩や病院への健診などにも、油断せずにしっかり日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

赤ちゃんにはベビー用日焼け止めが安心!

赤ちゃん 日焼け止め

大人が使う日焼け止めクリームには、使い心地や効果を高めるために化学合成成分などお肌に刺激が強いものが多く含まれています。そのため、「ママと兼用できるから」という理由で大人用の日焼け止めを赤ちゃんにそのまま使うのはいけません。
生後すぐの赤ちゃんに日焼け止めを塗るとなると、お肌に刺激の少なく、新生児の赤ちゃんにも安心のベビー用日焼け止めがおすすめです。赤ちゃんの日焼け止めの選び方のポイントをご紹介します。

1.赤ちゃんにはノンケミカルの日焼け止めを選ぶ

赤ちゃんの日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という成分が入っていないノンケミカルの日焼け止めを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤は化学原料のため、赤ちゃんには刺激が強く肌荒れの原因になってしまうことも。また、少々値段は高くなりますが、オーガニックの原料にこだわっている日焼け止めだとさらに安心です。大切な赤ちゃんに使うものなので、成分にはこだわることをおすすめします。
しかし、どのように成分が優しい日焼け止めであっても、赤ちゃんのお肌に合わない場合もあるため、腕の内側などでまずパッチテストをしてかぶれないことを確認してから、使うようにしましょう。

2.しっかり落とせて、ムラにならない日焼け止め

どんなに安心な成分の赤ちゃん用日焼け止めを使っていても、きちんと落としきれず赤ちゃんのお肌に残ってしまっては、かなりの負担がかかります。伸びが良くてムラにならない、落とすのが簡単な日焼け止めを選ぶようにしましょう。

3.SPFが弱めの日焼け止め

赤ちゃんのお肌には、SPFはそこまで高い日焼け止めでなくて大丈夫。SPFが高い日焼け止めは、日焼けやシミの元になるUVB(紫外線B波)への防御効果を長時間続くようにしてあるため、石けんやお湯だけでは落ちにくいので注意しましょう。赤ちゃんの普段の外出であれば、SPF15~30の日焼け止めで充分です。


いかがでしたか?今は、赤ちゃん用の日焼け止めもたくさん売られていて、逆に選ぶのに迷ってしまいますよね。でも、選ぶ時に重要なのは成分とSPFの高さ。「いつから、どんな日焼け止めが良いんだろう?」と悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。