【キュレル】赤ちゃんにも使える日焼け止めUVローション

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。その分ママたちが日焼け止めなどで、充分にお肌を守ってあげることが必要です。赤ちゃんの紫外線対策は、夏だけでなく一年を通して気を遣ってあげる必要があります。また、まだまだ発達しきれていない赤ちゃんのお肌だからこそ、お肌に直接塗る日焼け止めは、安全で安心して使えるものを選んであげたいですよね。当記事では、高級石鹸でおなじみの花王が手掛けるスキンケアブランド「キュレル」から、赤ちゃんも使える、お肌に負担の少ない日焼け止めをご紹介します。

乾燥性敏感肌のために開発された「キュレル」とは?

「乾燥性敏感肌」という言葉が一般的でなかった頃から、キュレルを手掛けた花王は肌トラブルに悩む声に注目してきました。その一環として、信頼して使えるスキンケアを届けたいという信念のもと、どこよりも早くお肌の必須成分である「セラミド」に注目して、世界初のセラミド機能成分をスキンケアに配合。お肌の研究のために皮膚研究室を設置し、誕生したブランドが「キュレル」です。顔から体、頭皮まで使用可能なキュレルは、30年に及ぶ皮膚科学研究の成果がかたちとなっています。

キュレルの赤ちゃんにも安心な日焼け止めシリーズ

キュレルの日焼け止めは、赤ちゃん専用の日焼け止めではないものの、赤ちゃんにも安心して使えるよう成分にこだわって作られています。敏感肌のママにもおすすめなので、親子で使える点もおすすめポイントです。

キュレルでは、日焼け止めを赤ちゃんに使う際は、生後6ヶ月を過ぎた頃と推奨しています。

キュレルUVローション SPF30【医薬部外品】

キュレルUVローションSPF30
容量:60ml
価格:1,200円(税抜)

赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えるように、無香料・無着色、紫外線吸収剤は不使用の低刺激で作られた日焼け止め。日焼け対策だけでなく、乾燥・赤み・ほてりといった紫外線から受ける肌ダメージまで防いでくれます。さらっとなじみますが使い心地はしっとりとしています。
ユーカリエキスやアスナロエキスの潤浸保湿セラミド機能成分の潤い成分と、植物由来の肌ダメージ防止成分(有効成分)も配合。

キュレルの日焼け止めシリーズには、SPF50タイプもありますが、赤ちゃんへの安全を考慮すると、このSPF30のUVローションがおすすめです◎。

【日焼け止めデータ】

      1. SPF30/PA++
      2. 顔~全身用
      3. 無香料・無着色
      4. 紫外線吸収剤無配合
      5. アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
      6. アレルギーテスト済み*
      7. 敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み*
      8. にきびのもとになりにくい処方 ノンコメドジェニックテスト済み*

*すべての人に症状がでないという訳ではありません。赤ちゃんに使用する前には、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

キュレルのおすすめ日焼け止め使用方法

赤ちゃんの日焼け止めは、体など広範囲に使用する場合、直線を描くように付けてからその後手の平でくるくると円を描いて優しく伸ばします。充分に日焼け止めを取っておかないと、紫外線対策効果はばっちり得られません。日焼け止めはケチらず、充分な量をムラなく塗ってあげましょう。赤ちゃんの日焼け止めは、2~3時間を目安に汗や汚れをふき取ってこまめに塗り直すことが、上手な日焼け対策のポイントです。
また、日焼け止めを塗る時は、ベビーローションなどで赤ちゃんの体を保湿をしてから塗ると、ムラなく伸ばせて保湿も出来るので、一石二鳥です。
赤ちゃんの日焼け止めを落とす時は、お湯だけでなく、ベビーソープで丁寧に洗ってあげた方が良いようです。

キュレルのセラミド配合の赤ちゃんにも使える日焼け止めはいかがでしたか?赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時にはぜひ参考にしてくださいね。