【パックスベビー】保湿にも着眼した赤ちゃんの日焼け止め

赤ちゃん日焼け止めは今や当然で、多くの種類が発売されています。紫外線はカルシウムを骨に取り込む際に必要な栄養素であるビタミンDを摂取することができます。赤ちゃんの成長に適度な日焼けが大切であることは確かですが、その紫外線によるビタミンDの合成は、1日15分程度日光に当たれば充分。それよりも、紫外線にはやけどや発がん率の上昇といった恐ろしい有害性の方が高いのです。正しい知識を持って安全に赤ちゃんに日焼け止めを使用してあげるのが大切です。当記事では、赤ちゃんの日焼け止め選びに参考にしてほしい太陽油脂のパックスベビーの日焼け止めをご紹介します。

赤ちゃんの肌馴染みが良いマカデミアナッツ油を使用したパックスベビーシリーズ

パックスベビーのコンセプト

パックスベビーは、歴史ある「人と環境に優しい石けん」にこだわって製品作りをしてきた太陽油脂から発売された、赤ちゃんに優しい成分の人気のベビースキンケアシリーズです。赤ちゃんのボディクリームをはじめ、ベビーシャンプーから日焼け止めまで、赤ちゃんのお肌のことを考え抜いた製品ラインナップになっています。

パックベビーの特徴

パックスベビーの製品には、パルミトオレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油を使用しています。マカダミアナッツと言えば、美味しいナッツでお馴染みですよね。「ナッツの王様」とも言われるマカデミアナッツは、食べた瞬間はサクッとした柔らかさで、独特の食感も美味しさのひとつと言えるでしょう。ハワイやオーストラリア、ケニアなどのアフリカ大陸、南米大陸を中心とした熱帯・亜熱帯地方で採れるナッツです。
このマカデミアナッツの固い殻の中にある実を圧搾すると、マカデミアナッツ油が抽出できます。マカデミアナッツの主成分はオレイン酸、その他パルミトオレイン酸を20%前後含んでいます。このパルミトオレイン酸は人の皮脂中にも含まれている脂肪酸であり、植物油の中では最も人の皮脂に近く、肌へのなじみがよい油だと言われています。そのため、パックスベビーのスキンケアシリーズの製品は赤ちゃんの肌に馴染み良くできているのです。

パックスベビーおすすめの赤ちゃんの日焼け止めシリーズ

赤ちゃんのお肌にも馴染んでくれるパックスベビーのスキンケアシリーズから、おすすめの赤ちゃんの日焼け止めをご紹介します。

パックスベビー UVクリーム

赤ちゃん 日焼け止め パックスベビー

[価格]600円(税抜)
[容量]30g

赤ちゃんの安全な日焼け止めとして条件である紫外線吸収剤を一切使わないクリームタイプの日焼け止めです。赤ちゃんに優しい日焼け止めだからこそ、安心して使うことができ、お出かけも楽しくなりますね。
日焼け止め効果はもちろんのこと、乾燥しがちなベビーのお肌をみずみずしく保つマカデミアナッツ油に、カミツレエキスも配合で保湿効果もばっちり。
また、この日焼け止めはベビーソープでで洗い流すことが可能。特別なクレンジング剤は必要ないため、良く泡立てたベビーソープでのお肌もやさしく洗ってあげましょう。
成分はシンプルで良いものの、日焼け止めの伸びが悪いという口コミが多数あります。また、中には合わない赤ちゃんもいるため、パッチテストを行ってから日常使用することをおすすめします。

【パックスベビーの日焼け止め成分】

水、グリセリン、カリ石ケン素地、酸化チタン、スクワラン、マカデミアナッツ油、ホホバ油、シリカ、ローズマリーエキス、カミツレエキス、トコフェロール、キサンタンガム、ヒノキチオール、エタノール

パックスベビーおすすめの赤ちゃんの日焼け止めはいかがでしたか?あの美味しいマカデミアナッツから摂れるマカデミアナッツ油が、人の皮脂に近いことにも驚きですよね。歴史ある人にやさしい石けんを作っている会社ならではの着眼点がつまっている日焼け止め。赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみてください。