赤ちゃんの外出にベビー用日焼け止めは必須

赤ちゃんには、少しの外出でも日焼け対策にベビー用日焼け止めは必須です。赤ちゃんの外出時の注意点を知っておきましょう。

赤ちゃんは少しの外出でも日焼けしてしまう

ちょっとしたスーパーへのお買い物や病院など、赤ちゃんを連れての外出の機会は多いですよね。ほんの少しの時間だったのに、よく見ると「赤ちゃんの肌が赤くなって日焼けしてしまった」なんてことも。以前は赤ちゃんを日光浴させることは当たり前でしたが、オゾン層の破壊により昔と比べて紫外線の量が増えており、紫外線の及ぼす悪影響が明らかになってきました。1998年の母子手帳から「日光浴のすすめ」という記載がなくなってしまったほど、赤ちゃんの頃からの日焼け対策が必要になってきています。
赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟で皮脂の分泌量も少なく、大人と比べて皮膚の厚さは半分の薄さしかないため、外出時に紫外線のダメージを受けやすく、すぐに日焼けをしてしまいます。そもそも日焼けとは、皮膚が高温にさらされることによってできる炎症で一種の火傷です。さらに紫外線ダメージは蓄積され、将来のシミ・ソバカス、皮膚ガン、白内障の原因になることも。赤ちゃんの外出時には、ベビー用日焼け止めを塗るなどして特に気をつけてあげましょう。

赤ちゃんの外出時のベビー用日焼け止めの使い方

赤ちゃんを連れて外出する時には、帽子や長袖を着させてあげるなどの日焼け対策があるものの、帽子を嫌がる赤ちゃんも多く、体温調節もまだ上手にできないうちは気温と一緒に体温が上下してしまうため、衣類の熱のこもりで体温が上昇してしまいます。できるだけ赤ちゃんが快適に過ごせるように、外出時にはベビー用日焼け止めをしっかりと塗ってあげると安心です。ベビー用日焼け止めを塗る際には、顔、手、足、首、忘れやすいの耳にも塗り残しがないよう均一に塗ってあげましょう。赤ちゃんはよく汗をかきます。汗をかくと当然日焼け止めは落ちてしまうため、外出時にはまめに汗を拭いて塗り直してあげましょう。
ベビー用日焼け止めを塗るのは必要ですが、「日焼け止めを赤ちゃんが舐めちゃったらどうしよう」とか「ベビー用日焼け止めを落とすのが大変」と心配に感じる人もいるでしょう。ベビー用日焼け止めは、天然素材でできているオーガニックのベビー用日焼け止めを使えば赤ちゃんにも安心して使えます。また、石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶのもポイントです。