赤ちゃんの日焼け止めはいつから?|新生児から使える日焼け止め

赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要なのでしょうか?ママとしては「赤ちゃんが日焼けするのは良くないけれど、日焼け止めを使うのもデリケートな赤ちゃんの肌に良くなさそう」と思ってしまいますよね。そんなママも安心の、新生児・赤ちゃんから使えるやさしい日焼け止めをご紹介します!

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使えば良いの?

赤ちゃん 屋外

「赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っても良いのか?」の答えは、ずばり新生児から使えます。言い換えると、新生児から日焼け止めは必要なのです。しかし、新生児や赤ちゃんに日焼け止めを使うのは抵抗があるママもいるでしょう。

一方で、赤ちゃんのデリケートな肌は紫外線のダメージを受けやすいのも残念ながら事実で、肌が薄くバリア機能の不十分な赤ちゃんの肌は日焼けによる火傷で水ぶくれができてしまったり肌トラブルは尽きません。赤ちゃんが紫外線を大量に浴びてしまうと、シミ・ソバカスの原因や免疫機能の低下や将来皮膚ガンを招く可能性もあります。

だからと言って、赤ちゃんをまったく外に出さないこともできませし、赤ちゃんにとって日光浴はビタミンDをつくるためにも必要と言われています。ビタミンDは骨の生育に必要なカルシウムの濃度を高める作用があります。そのため、極端な日光不足はビタミンD欠乏症を招いてしまったり赤ちゃんの骨の成長に影響してしまいます。

生後2ヶ月までの赤ちゃんは長時間のお出かけを控え、3ヶ月位を目安に日焼け止めを常用するようにして、紫外線の特に強い時間帯(10時~15時位)に20分以上のお出かけの場合には、日焼け止めを使った方が良いでしょう。

新生児の赤ちゃんから使えるおすすめ日焼け止め

新生児から安心使えるオーガニック日焼け止め!アロベビー UVクリーム

1_001000000003

アロベビー UVクリームは100%天然天然成分で作られているため、赤ちゃんがもし舐めてしまっても安心!合成紫外線吸収剤を使用せず、主成分は紫外線を吸収し大幅に減らす効果のある「オリーブ葉エキス」(お肌のバリア機能の回復も促してくれる)と、赤ちゃんの皮膚をダメージから守りビタミンA,Cミネラルを含む保湿成分「カニナバラ果実エキス」、乾燥を防ぎ細胞を活性化させる働きのある「ホホバ種子油」が配合されています。

ラベンダーとローズの天然オーガニックオイルでアロマ効果もあり!白くなりにくい日焼け止めで石鹸でさっと洗い流せるのも使いやすい理由です。安心の国産オーガニックです。
アロベビーのUVクリームは、赤ちゃん日焼け止めおすすめランキングで見事1位にランクインの大人気商品です!

ベビーから大人まで使える!エルバビーバ チルドレンサンスクリーン

ERBB18_l

100%天然成分で自然なミネラルから採取される二酸化チタンがUVA、UVBをブロック。主成分は肌を保湿しながら保護してくれる「アロエベラ」水分、油分を補い保ち肌を整える「ラベンダーのエッセンシャルオイル」、乾燥による肌荒れを防ぎキメを整えてくれる「カモミール」で、敏感肌な大人の人の化粧下地としても使えます。石鹸で落とせる日焼け止めです。

1本で2つの効果!オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク

41L0xrIdszL._SY355_

赤ちゃん用日焼け止めには珍しく虫除け効果もある日焼け止めです。62%オーガニック成分と天然素材を配合の日焼け止めです。アロエベラ葉水、レモングラス油、ハッカ葉油などのアロマの香りで虫をガード。石鹸で落とせる日焼け止めです。

赤ちゃんの日焼け止めは、成分にさえ注意すれば新生児からも安心して塗ることができます。将来、赤ちゃんが肌トラブルで困らないように、赤ちゃんの内からしっかり日焼け止め対策をするようにしましょう。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止めおすすめランキング