赤ちゃんに日焼け止めは毎日必要?おすすめの紫外線の対策方法

赤ちゃんはとてもデリケートだから、日焼けはとても気になりますね。しかし同時に日焼け止めによる影響も心配です。毎日、日焼け止めを塗ることを日課にしても大丈夫なのか?本当に毎日赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要があるのか?詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんに日焼け止めは毎日必要?

赤ちゃん 夏 サングラス

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由のひとつは、赤ちゃんの肌は皮膚の厚さが大人の半分ほどしかなく、外部からの刺激に対するバリア機能が未熟なためです。

水分も皮脂もまだ十分に蓄えることができず、紫外線の影響は肌内部に簡単に届いてしまい、将来的に大きなダメージにつながる危険性もあります。

とはいえ、赤ちゃんを毎日室内に閉じ込めていたり、毎日太陽に当たらせないようにするのも不健康。紫外線は悪いことばかりではなく、成長ホルモン活性化させ、免疫力を付ける働きもあるため、うまく付き合うことが大切なのです。

毎日降り注ぐ紫外線の悪影響から赤ちゃんを守り、好影響を受けやすくするためには、日焼け止めの活用が効果的です!できれば刺激が弱く、お肌にやさしい成分の日焼け止めを毎日塗ってあげるといいでしょう。

月齢別!赤ちゃんの日焼け止めで毎日使いやすいアイテムの選び方

日焼け止め UV

赤ちゃんは月齢によって行動範囲が異なるため、日焼け止めもシチュエーションによって使い分けてあげましょう。

日焼け止めを使った時は、毎日きれいに洗い流してあげることも重要です。成分が赤ちゃんの肌に残り、溜まっていくとアレルギーや肌のトラブルの原因となってしまいます。

毎日使う赤ちゃんの日焼け止め選びの共通ポイントは、低刺激で洗い流しやすい製品であるということです。

ここでは、月齢別に赤ちゃんに毎日取り入れやすい紫外線対策方法のポイントを見ていきましょう。

生後1~2ヶ月

生後間もない赤ちゃんは、一日をほとんど室内で寝て過ごします。まだまだ身体の抵抗力が弱いため、長時間の外出などは極力控えて、静かに休ませてあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、室内で過ごすのであれば基本的にまだ日焼け止めは必要ありません。外出する時は、できるだけ日差しの強い時間帯は避け、毎日の紫外線対策はサンシェードやおくるみで遮ってあげるといいでしょう。

生後3~6ヶ月

少しずつ動きが活発になり、お散歩や買い物に連れて行くこともできるようになってくる時期です。毎日ではなくても、外出すれば必然的に紫外線を浴びる機会が増えてくるので、日焼け止めを塗ってあげましょう。

初めての日焼け止めは、効果は低くても低刺激の製品を選ぶことが大切です!赤ちゃん用の製品なら、赤ちゃんの肌に合わせて作られているので、安心して毎日使うことができます。

1歳以降

赤ちゃんが日中に公園などで遊ぶことができるようになってくると、毎日の日焼け対策は必須です。加えて、帽子やカーディガンなどで肌の露出をおさえることも大切です。

小さい頃から、外出前に日焼け止めを塗ることや、紫外線防ぐ服装などを毎日習慣付けておくと、自分で身支度できるようになっても無理なくできるようになります。

日焼け止めは、毎日の生活用の物とキャンプや海水浴などに行く際はアウトドア用で使い分けましょう。大人用の日焼け止めは成分が強すぎるので、オーガニック成分の製品ややキッズ用など、お肌への刺激が弱いものを選んでください。

※関連記事
新生児に日光浴は必要?日光浴のメリットと注意点

赤ちゃんに日焼け止めを毎日塗ってケアしよう

赤ちゃん ママ

まだまだ肌も身体の機能も未熟な赤ちゃんとお出かけする際には、お天気が悪くても毎日日焼け止めを塗ったり、紫外線対策の工夫をしましょう。

我が子が大きくなったとき、自分からすすんで紫外線対策ができるように、小さい頃から習慣化するのがおすすめです。毎日降り注ぐ紫外線の刺激から大切な赤ちゃんを守ってあげてください。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止めおすすめ比較5選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!